たまには「明日死んでもいいと思えるほど幸福度の高いもの」を食べる

たまには「明日死んでもいいと思えるほど幸福度の高いもの」を食べる

 

大好きなもの食べてますか?

 

私の場合は、例えばウニいくらタップリ海鮮丼とか。

 

 

 

 

ハンパない。( ゚Д゚)

 

 

 

 

プリプリのイクラやウニが「これでもかっ!」てくらい乗っかってるやつ。笑

 

 

 

 

特にいくらの分量が重要です。

 

 

 

 

お店で食べると高いので、鮮度のイイものを買ってきて自宅で作ります。

 

 

お店だと3000円〜5000円、あるいは「時価」なんて値段になってしまう丼でも、1500円位で作れちゃう。

 

 

 

 

丼1つの内容は、

 

・いくら 50g

 

・うに 5切れくらい

 

・いか

 

(とびこをプラスすると食感がいい)

 

・サーモン 

 

・まぐろ

 

など。

 

 

 

ウニといくらに重点を置いているので、他の海鮮も細かく切ってサイズを小ぶりにします。

 

 

 

そうすることで食感を合わせることができるし、

 

ベローンってでっかいネタを乗せてしまうと、見栄えはイイかもしれませんが、その魚の味しかしなくなってしまうので、大きさを調節するのは重要だと感じています。

 

 

 

そして、あえてスプーンで食べます。

 

 

 

ステンレススプーンではなくて、プラスチックや漆、または樹脂製のスプーンで食べるのがオススメ。

 

 

 

スプーンから出る金属イオン的なものが海鮮の繊細な味をジャマせず、がっつり食べれるので気に入っています。

 

 

ウチで使っているのはこのスプーン。

 

 

 

 

 

海鮮丼ってマジで最高。(≧▽≦)

 

 

特別な調理なんかなくて、ただ盛り付けるだけ。笑

 

 

 

 

めっちゃシンプルなのに、満足度がめちゃ高い。(*´▽`*)

 

ソッコー幸せになれます。笑

 

 

一回の外食分の値段を考えれば、超ハイコスパな海鮮丼を月に数回食べちゃうワケです。

 

 

 

「明日死んでしまうとしたら、最後に何を食べますか?」

 

の質問の答えに、この海鮮丼は上位ランクイン中です。(´∀`*)

 

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

コンビニのパンで幸せになる方法〜「バルミューダ トースター」がスゴ過ぎ〜

 

車内で臭いテロを起こさずにテイクアウトする方法

 

ステーキやローストビーフに合う美味しい「練りわさびソース」の作り方