パトメガボーとミニパトメガボーを徹底比較

パトメガボーとミニパトメガボーを徹底比較

パトメガボーとミニパトメガボーを徹底比較

 

「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のVSチェンジャーに続き、

 

パトメガボー

 

についてレビューします。

 

 

 

こちらもやはりパトメガボーとミニパトメガボーが存在します。

 

※商品名にDX(デラックス)の表記はありません

 

 

 

一言で違いを言うと、

 

パトメガボー

 

本体が大きくて、音が鳴る

 

 

 

ミニパトメガボー

 

本体が小さくて音が鳴らない

 

 

です。笑

 

 

 

この「パトメガボー」は、パトレンジャーの装備であり、

 

昔の警察ドラマでよくある「立てこもり犯を説得するシーン」でつかわれたメガホンと、

 

 

illustAC

 

 

 

警察官が使う警棒が合体したような武器です。笑

 

 

 

ミニパトメガボーは、このようなパッケージに入っていて、電池は不要です。

 

 

単純に、警棒部分が伸縮するだけ。

 

 

パトメガボーは、このような箱に入っていて、

 

 

 

購入時からLR44のテスト用ボタン電池が2個入っています。

 

(エグゼイドのガシャットに使う電池と同じ)

 

なので、本体側面にある絶縁シート引き抜くだけで、音が出るようになります。

 

 

 

メガホンらしく、音は本来のスピーカー部分から出て、

 

 

 

棒の部分を伸ばすと警棒に変形します。

 

 

 

警棒時のミニとのサイズ比較。

 

 

 

 

トリガー部分を長押ししたり、単押ししたりすることで、セリフが変化します。

 

 

 

なかなか面白いセリフを言うので、子供も楽しいみたい。笑

 

 

 

※ パトメガボーに拡声機能はありません。

 

内臓された音声が再生されます。

 

 

でも、ちょっと「うるさいかも」と思ったら、メガホンのスピーカー部分をテープで塞ぐと音が小さくなります。笑

 

 

 

音が出るオモチャには、時々マナーモードの設定が必要ですね。笑

 

ちょっとした裏ワザです。

 

 

 

大人も子供も楽しめるパトメガボー。

 

 

「そこのキミ!」

 

「早くお風呂に入りなさい!」

 

 

なんてセリフも言ってくれたら助かるんですけどね。笑

 

 

 

↓パトメガボー(音が出るタイプ)

 


 

 

 

↓ミニ(音が出ないタイプ)