ミニマリストのキッズスペース

ダイニングをキッズスペースに

 

ウチのダイニング。

 

 

元々はダイニングテーブルとイスを置いていたのですが、あえてキッズスペースにしました。

 

ママ友がどんな怪獣をつれてきてもケガなく全力で遊べます。

 

 

 

料理を作りながら子供が遊ぶ様子が見えて安心。会話もスムーズ。

 

 

マットには

 

    Foldaway ジャンピングマット4段

 

を2つ使用中です。

 

 

色々なマットを検討しましたが、クッション性や耐久性を考え抜いたすえ、コレに決まりました。

 

 

家族全員で昼寝したり、 ヨガやストレッチにも最適。(*´▽`*)

 

 

「そんなマット、ホームセンターにも売ってるじゃん!」って思いますが…。

 

1枚1枚がバラバラのマットってぇ…、子供が動くと〜…、

 

 

少しずつズレちゃうのよっ! (゚д゚)! 気になる…。

 

 

 

 

 

これは1枚に4個くっついているのでズレないし、畳めるから最高です!

 

 

 

他にも各サイズ(5段と6段)があります。

 

    Foldaway ジャンピングマット5段

 

    Foldaway ジャンピングマット6段

 

 

以前と比較すると

 

 

 

今は広くなったリビングで食事しています。

 

 

 

掃除する箇所を減らす

 

「ダイニングで食事をしてリビングでもお菓子を食べたり…」 となると、

 

掃除する場所は2か所 に…。

 

 

食べる場所は1か所にすることで、

 

掃除する場所が1か所になります。 (。-`ω-) タシカニ

 

 

「ダイニングはいらないかも」 と思ったら 「ダイニングテーブルとイス3個」 を断捨離できました。

 

 

 

子供に『片付け』は通じない

 

子供に 『片付け』 という概念は理解できません。

 

大人でも永遠の課題のように思えることですから、難しいのは当然です。

 

 

具体的にどのオモチャをどうするのか、つまり 『元に戻す』 の重要性から教えていきましょう。

 

 

子供用の収納兼キッチン遊び用として、IKEAの

 

    DUKTIG ミニキッチン

 

を設置しています。

 

 

ミニキッチン上に片付け例の写真を貼っておけば、子供はそれをマネして遊び感覚でキチッと元通りにしてくれます!

 

今現在行方不明のオモチャも一目瞭然!!

 

(詳しくは「育児メニュー」参照)

 

 

子供は何かと着替えが必要な生き物なので、すぐに着替えられるように、本棚やおもちゃ箱と一緒に一部置いています。

 

 

 

雑貨屋さんでみつけたオシャレな

 

      

 

     ブレッド缶 ダーラナホース

 

をウチではオムツ入れとして使っています。

 

 

棚板に夫がDIYでレールを取り付けてくれました。

 

 

工具は

 

     マキタ インパクトドライバー

 

でドドドッ!

 

そうです、あの建築現場から聞こえてくる音です!

 

あ、ヤバい。これ楽しい…。 笑

 

なんだか大工さんになった気分…。

 

 

使い方を教わって今は私がやっています。(*´▽`*)

 

子供が自分でも取れる高さなので寒い時期は上着をかけたり。

 

この前、気づいたら子供がこのレールにぶら下がって鉄棒のようにブラブラしていたので、強度はそれなりです!

 

若干曲がった気が・・・。(内緒にしておこう。)

 

 

オモチャ箱には透明な収納ボックス

 

 

    天馬 インロック

 

をフタ無しで使用しています。

 

ポイントはキャスター付き!!

 

お片付けのときは、「おもちゃ収集車ですよ〜!」とか「おもちゃ屋さんですよ〜!」と言って一緒に車に見立てて片付けがはかどっています!( ̄▽ ̄)

 

子供には「ざっくり収納」が適していますね。

 

透明なので何がどこにあるかすぐにわかってストレスが少ないです。

 

(たまにテレビのリモコンが入っているので 笑)

 

木製の立派なおもちゃ箱にしたかったのですが、子供には重たいし、中身が見えないのでコレを使っています。

 

 

詳しくは「子供が片付けできる環境づくり」のページ参照。

 

 

 

キッズスペースになったことで電化製品は一切使用せず、

 

 

    コンセントカバー

 

で全て塞いでいます。

 

ウチのアホ男子はすぐに何かツッコみたがるので注意しています。(;・∀・)

 

参考記事

 

 

ミニマリストになる前は、家のほぼ全てのコンセントに何らかの家電製品が接続されていましたが、今現在はほとんどのコンセントが未使用です。笑