勝手に人の物を捨ててはいけない理由〜ミニマリストあるある〜

勝手に人の物を捨ててはいけない理由〜ミニマリストあるある〜

ミニマリストはオラつかない

 

 

断捨離が進んでくると、人のモノまでよく目につくようになりますよね。

 

「アレやコレを捨てればキレイになるのになぁ…」なんて。

 

ミニマリストあるあるです。

 

しかし、心の中で思うのは自由ですが、実際に行動すると(人の物を勝手に捨てると)大参事を招くおそれがあります。笑

 

これは私自身も過去に経験があることです。

 

参考記事

 

 

ひと通り自分の物が捨て終わった達成感と、言葉にならない「捨て」に対する絶対の自信のような気持ちが沸いてきて、他人のモノまで捨ててあげたくなる現象です。

 

他人から見たら「捨て変態」だと思われます。笑

 

確かに断捨離のメリットを知っているのは事実ですが、その人に代わって自分が捨てるのは意味がありません。

 

せっかくその人がモノと向き合う機会を奪ってしまうことになるからです。

 

人はそうそう変わるものではないから…。

 

反動で余計にモノが増えてしまうケースもあります。

 

変な意地を張っちゃうんですよねぇ。

 

人間だもの…。

 

「片づけた方がいいと思う人」が現れたなら、ミニマリストの記事を共有してあげてください。

 

その方が早いですし、争いを避けることができます。

 

どういうわけか、「ネット上にあがっている記事なら信じてもらいやすい」という実態があります。(・´з`・)

 

ネットの力を利用しましょう。

 

本人の自主性に訴えかけた方が、効果的な場合がほとんど。

 

わざわざ敵になる必要はないのです。

 

参考記事

 

 

まずは片付けやすい場所から始める

 

片付けには「効果的な場所」が存在します。

 

まずは服

 

他人の服装を見るときって、どんな感じに見えますか?

 

・・・。

 

「オシャレかどうか」です。

 

残念ながら、「どのくらい服をたくさん持っているか」ではありません。( ̄▽ ̄)

 

単純に、「量」より・・・、「質」。

 

「たくさん持っている人」がオシャレな人とは限らないことは、誰でも知っています。

 

つまり、服はよく着るお気に入り以外を断捨離しても大丈夫。

 

 

片づけると効果的な場所は…

 

ズバリ、玄関です。

 

 

まずは玄関を徹底的に片づけると、家全体が変わりますよ。

 

なぜ玄関なのかというと、1日に1回は本人が通るということと、人を招き入れるときに一番最初に目につくからです。

 

人を招き入れたときに、玄関がキレイになっていると、「わぁ、キレイにしてますね!」と言ってもらえるので、モチベーション(やる気)が向上します。(≧▽≦)

 

部屋全体を片づけるのには、かなりの時間がかかっても、玄関はせいぜい「履いてない靴を断捨離」するくらいで完了する場合がほとんどなので、キレイにしやすい場所と言えます。

 

モノならまず服から。

 

場所ならまず玄関からスタートしてみましょう。

 

 

まとめ

 

illustAC

 

断捨離を手伝ってケンカになるくらいなら、しない方がいいですね。笑

 

まずは自分自身がミニマリストになって、メリットを痛感する必要があります。

 

そしてオラオラせず、そっと教えてあげましょう。( *´艸`)

 

 

おわり♪