宿曜占い(占星術)がめっちゃ当たってビックリする件

「宿曜占い」で基本的な性格を分類することなら確かにできる

 

 

占いが好きです。笑

 

あまり気にし過ぎるのは良くないと思いつつ…。

 

風水にもどっぷりハマった経験があります。

 

占いは月イチで「先生」のところに通った経験も。( *´艸`)ウヒ

 

illustAC

 

 

だからこそ、わかったこともあるので惜しみなく披露します。笑

 

 

おみくじ的なものは「遊び」

 

illustAC

 

「おみくじ」とかには、ハッキリ言って惹かれません。

 

アレはその場限りの運試しです。

 

過去に何度もやってきたけど。笑

 

100回引いて100回同じ結果が出るなら信じますが、毎回違う結果が出るモノは「遊び」です。

 

コイントスと一緒。

 

 

 

宿曜占いは変わらない

 

みなさんは宿曜占いをご存じですか?

 

これはかなりの確率で当たりますよ。笑

 

生年月日だけで、その人の基本的性格の80%以上はわかります。

 

私が個人的に思うには、占いって半分(50%)が当たっていれば商売として成り立ってしまうと思うんです。

 

あと、「確かにそうかもしれない」とか「確かにそういう経験したことある」っていう内容を言われると信じやすくなってしまいます。

 

例えば、「あなたは、ちょっと優柔不断なところがあるね〜…。」とか。

 

誰だって、そう思った経験はあるから。笑

 

そんなのを次々に言われれば、

 

「やだぁ、だいたい当たってるぅ〜、ヤバ〜ぃ!( *´艸`)」

 

ってなるし。笑

 

不安なことがある人が占いに行くわけだから、

 

「あなたが今日聞きたいことは何?」

 

と聞かれて答えれば、それがあなたが今一番気にしている事だということはわかります。

 

占い師をひっかけてやろうなんて悪意のある人がいるとは思えませんし…。

 

もちろん本当に見えちゃってる人には見えちゃってるんですけどね。笑

 

 

 

なんで宿曜占いは参考にできるの?

 

宿曜占いは、人の性格を数種類に分けて特徴を分類するものです。

 

ダイバージェントという映画を見たことがある人には、話が早いかもしれません。

 

 

 

人類は、性格上の分類があるという話の映画です。

 

その人の生まれ持った「基本的な性格」はそうそう変わるものではありませんよね。

 

特に大人なら、なおさらです。

 

隠そうにも、にじみ出てきてしまうんですよねぇ、これが。笑

 

不思議なもので、私の経験上80〜90%は分類通りに当てはまってしまいます。

 

もちろん分類された先の細かな違いは、それぞれ育ってきた環境や経験により個人差はありますが、あくまで「基本的な性格」は一致するんです。

 

長年付き合いのある友達のを見ても、やはり納得の結果が出ています。

 

「占い」と言うと不思議オーラ全開ですが、厳密には「分類」というのが正しいと思います。

 

私がオススメの参考書はコチラです。

 

 

とてもわかりやすくて、占い好きの私のバイブル的な本になっています。

 

 

気になる人の生年月日だけで、早見表から宿曜の分類を見て…、

 

 

スパッとそのページを開くだけ。

 

 

 

最短でその人の人間性を把握するなら宿曜占いが参考になる

 

友達のみならず、会社の同僚や上司、後輩に至るまで、基本的な性格を把握しておくと便利です。

 

たとえば、宿曜で「正義感が非常に強く、黙っていられない人」という結果がわかっている人に対して、「ここは要領良く、適当にこんな感じで…」なんて言ってしまえば、たちまち逆鱗(げきりん)に触れてしまうおそれがあります。笑

 

基本的な性格や、その人の思考パターンを知っておくだけで、だいぶ余裕が持てますね。

 

まずは自分自身の生年月日から、自分の「基本的な性格」や「思考パターン」を占ってみましょう。

 

怖いくらいドンピシャで当たっていることがほとんどです。( ̄▽ ̄)

 

 

自分を知れば素直になることができます。

 

 

おわり♪