ホンダ新型NBOX(エヌボックス)2017試乗レビュー

ホンダ新型NBOX(エヌボックス)2017試乗レビュー

ホンダ新型NBOX(エヌボックス)2017試乗レビュー

 

 

 

またまたホンダから素晴らしい軽自動車が出ていますね〜。

 

新型NBOXです。

 

ホントに期待されていた軽自動車がついに誕生しましたよ。

 

HONDA NBOX

 

 

今までのNBOXと形はさほど変わっていないように見えますが、ボディからエンジンまで、新開発のフルモデルチェンジです。

 

何がスゴイかって、軽自動車に初の自動運転支援システム(ホンダセンシング)を標準装置として搭載したからです。

 

いままで軽自動車には、低速の時に前車にうっかり追突しないような「おまけ」的な自動ブレーキは搭載されている車種がありました。

 

しかし、今回ホンダがこのNBOXに搭載したのは、ホンダが高級セダンなどに搭載している「センシング」という本格的な運転支援システム。

 

本気のやつです。笑

 

一定条件のもと、前車と指定した車間距離を維持しながら走行するシステムを備えています。

 

さらに、車線をキープする機能までも。

 

 

つまり、高速道路などであれば、セットした速度・車間距離・車線をキープして走ってくれるというわけです。( ゚Д゚)スゲェ

 

 

いままでの軽自動車には付けなかった本格的な自動運転支援システムの安全装置を搭載した車なのです。

 

 

ホンダはこのところ、ヴェゼルやフリード、フィットなどマイナーチェンジとして「センシング」の機能を搭載してきましたが、ついに軽自動車にも自動運転の時代が来ました。

 

 

このNBOXの到来で一部ウワサされていた話には、「NBOXがスゴすぎて他の車が売れなくなるんじゃないの?」というほど。

 

それでは、その実態がいかがなものなのか、走りと安全性、そして子育てママやパパから見た実用性は実際のところどうなのか、試乗結果をお伝えします。

 

 

 

まずはNA(ノンターボ)とターボ車(カスタム)を乗り比べ

 

先代のNBOXから80kgくらい軽量化しつつ、ボディ剛性を上げ、新開発のエンジンによって静寂性が改良されています。

 

先代はエンジンの回転数が上がると、いかにも軽自動車っぽいそれなりの騒音を発していました。

 

しかし、今回の新型NBOXは違います。

 

明らかに静か。

 

「これ、ホントに軽ですか?」って感じ。

 

近場の試乗ルートをNA(ノンターボ)でちょっと走っただけで、「これください」って買っちゃいそうなくらい快適。笑

 

HONDA NBOX

 

 

まぁ、ターボも乗ってみないことには、違いがわからないので、買ってしまいたい気持ちを抑えて、いざターボ車(カスタム)へ。

 

 

HONDA NBOX

 

 

・・・。

 

 

 

ご満悦〜。笑

 

 

 

 

なにこれ〜。

 

 

ぜんぜん軽じゃないし。笑

 

坂道もグイグイ走るし、それでいて静か。

 

NAもそうですが、とてもハンドルが軽くてキレがいい。

 

ターボ車(カスタム)もアクセルをかなり踏んで走ってみても、静かで快適なんです。

 

 

 

足回りの改良で酔いにくくなった?

 

先代のNBOXをよく知る人にはわかると思いますが、酔いにくくなったように感じるはずです。

 

なぜなら、新型のNBOXは足回りが改良され、よりしなやかに、安定感ある走りができるように改良されました。

 

HONDA NBOX

 

 

NBOXは車高があるので、どうしても右左折のときやカーブでのフラつきから、車酔いしやすい車種でしたが、足回りの改善でここまで変わるものなのかと実感できました。

 

 

 

シートアレンジが多様で、レバーがめちゃ軽い

 

いまどき軽自動車でも、「シートアレンジ」は多様化してきています。

 

なかでも、この新型NBOXは、上級グレードになると全席独立スライドになります。

 

HONDA NBOX

 

 

とくに、助手席は「スーパースライドシート」と名付けられている通り、トヨタのポルテなどに代表される、助手席のスライド幅が広くなっています。

HONDA NBOX

 

 

この効果により、助手席のママが後席のチャイルドシートに乗った子供の世話がしやすくなったり、軽自動車なのに「なんちゃってウォークスルー」ができるようになるのです。笑

 

HONDA NBOX

 

 

驚きなのは、各シートのレバーの軽さ。

 

HONDA NBOX

 

 

どの車より、群を抜いて操作が軽いと思います。

 

そして配置もいい。

 

女性でも軽々シートアレンジができます。

 

ついでに言うと、電動スライドドアのノブも小指で「チョイッ」と引くだけで開く軽さ。

 

 

 

オプションで、足元のセンサーで開ける機能も付けることができます。

 

 

両手がふさがっていても、足をかざすだけで電動スライドドアを開けることができるんです。

 

日産のセレナに代表されるアレです。笑

 

NBOXの場合は、特にエアロを組まなくてもセンサーを取り付けることができるのが便利。

 

ただ、この手のセンサーで注意が必要なのは、「何か」に反応して意図せず開いてしまう場合もあるということ。

 

ネコが通ったり、狭い駐車場で人が通過した際など、開いてしまうこともあるのだとか…。

 

まぁ、ドアノブが小指で開けられるくらい軽いので、このセンサー自体不要かもしれませんね。

 

 

本当にストレスフリーな機能が満載。(≧▽≦)

 

 

荷室はもちろんフラットになり、とてつもなく広いです。

 

 

 

これはもう、「なんでも積みたいもの積みなっ!」って感じ。

 

この広さで積めないならトラックでも買ってください。笑

 

 

 

センシングの自動運転を高速道路で試してみた

 

HONDA NBOX

 

 

さぁ、いよいよセンシングの機能を試してみた結果です。

 

軽自動車初となる自動運転支援システムは実際のところいかがなものか、実際に高速道路を試乗して確かめてみました。

 

まず、前車追従システムは、時速65km/h以上の速度の時にセットできます。

 

要領は簡単で、ハンドルに付いているスイッチをONにして、走行した速度になったらオートクルーズをセットして速度を固定します。

 

続いて前車との車間を調整して終了。

 

 

とても見やすいディスプレイがメーター横に表示されるので、セットされたことがわかりやすいです。

 

 

 

前車の速度に合わせて、自らセットした速度を上回ることなく、車間を自動で保ちながら走ってくれました。

 

これで高速道路の長距離運転もかなり楽になります。

 

 

 

車線キープの機能はどうかというと、・・・。

 

確かに車線をはみ出しそうになると、優しく「ピピピッ」と警告音が鳴って、ハンドルを修正してくれます。

 

しかし、放っておくとまた反対側の車線へ近づき…。

 

つまり、ハンドルを全く操作しないでいると、ジグザグに走行してしまいます。

 

当然です。笑

 

 

あくまで車線を維持するものであり、車線中央を維持するスバル最新の「アイサイトツーリングアシスト」とは違いますね。

 

※アイサイトツーリングアシストは車線中央を維持して走るシステムなので、ジグザグ運転になりにくい機能です。

 

 

今のところ(2017年9月現在)、国産車でこのスバルのアイサイト意外に、車線中央を維持して本当の意味でふらつかない車はありません。

 

なのでアイサイトのように一般道でも自動運転を発揮するには至らないということですね。

 

速度も65km/h以上からのセットなので、大きな国道やよく整備された広い有料道路でないと、使用するのは難しいと思います。

 

 

まぁ、それでもNBOXは軽自動車なので、センシングが付いただけで、すごい価値がある車なのです。

 

 

 

気になるお値段は

 

お値段は、ノーマル(NA)のNBOXが150万円くらい。

 

ターボのNBOXカスタムが200万円くらいです。

 

ノーマル(NA)とカスタムでは、まずスタイリングが大きく異なります。

 

ノーマル(NA)だと、前照灯は丸くてかわいい感じ、ウインカーは前後ともLEDではなく普通の電球です。

 

 

 

カスタムになると、全ての灯火がLEDになり、おまけにフロントのウインカーは流行りの流れるウインカーになります。

 

 

 

カスタムはマジでカッコイイです。笑

 

内装も黒を基調にすることができ、天井まで黒になります。

 

 

 

 

お値段も普通車並みですが、やはりコンパクトな車体で、税金も安いことを考えると、このNBOXなら日頃の街乗りから、安全な遠出までこなせて、素晴らしい車であることが確信できますね。

 

 

ホンダに期待が高まるのは、「NBOXが売れすぎて他の車が売れなくなるのでは?」なんて言われながらも、「とことんイイ車を作る」という精神があるからこそ、普通車も軽自動車も素晴らしいものが作れるのだと思います。

 

HONDA エンジニアトーク

 

 

もっと言ってしまうと、軽自動車と普通車を差別化して作っているような会社は終わってしまいますね。笑

 

自動運転の技術が確立されたとき、必要なのはデカくて重たい車ではなく、ぶつからない軽くてエコな車です。

 

ホンダの軽自動車が「一家に一台」と言われる日もそう遠くはない気がしました。

 

これからも素晴らしい車を作り続けてほしいと思います。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪