車のナンバー灯白色化はLEDより白熱電球がおすすめ

車のナンバー灯白色化はLEDより白熱電球がおすすめ

車のナンバー灯白色化はLEDより電球がおすすめ

 

ナンバープレート灯を白色化するとキレイですよね。

 

かつてレクサスが純正で白色のナンバー灯の車を販売したことで、その上質感をマネる傾向が強まりました。

 

 

特に最近は軽自動車も白色ナンバーを選べるようになったので、ますますナンバー灯を白色にして、上質感を出したいところ。

 

 

 

ところが・・・

 

 

軽自動車でナンバープレートを白にしても、バルブが電球色だと、白ナンバーになった感じがしませんね。笑

 

 

 

 

昼間はいいのですが、いざ暗くなって電球色のナンバー灯が点灯すると、よく見ないと白ナンバーかどうかわからないレベルです。

 

純正の電球色は黄色っぽい(アンバー)色なので、ナンバーの色に関係なく、黄色にしか見えなくなってしまいます。(;´・ω・)

 

 

これだとせっかく白ナンバーにしたのに、残念な感じ…。

 

 

そこで、ナンバー灯を白色にしたいわけです。

 

 

車好きのこだわりポイントですね。笑

 

 

 

LEDは安定しない&眩しすぎ

 

 

ナンバー灯を白色化する際、多くの方がLED球を選ぶと思います。

 

 

LEDなら白色の発色がとてもキレイで、長持ちするため、交換の手間がかかりにくいと考えるからです。

 

 

しかし、ナンバー灯などによく使われる社外バルブはなぜか安定せず、走行中の振動でチカチカと点滅していることが多いのです。

 

車は走行中に絶えず振動を繰り返しているので、国産のLED球を使っても、当たりハズレがあるのが現実…。

 

 

付けている自分からは見えないため、気付きにくいのが厄介で、とても残念。

 

 

そこでオススメなのは、あえて白熱電球のまま白色化するという方法です。

 

 

白熱電球は、純正と同じフツーの電球のことです。

 

 

このような青色の塗料が塗られた電球を使用するか、青色のカバーを装着する方法があります。

 

 

白熱電球は青色を透過すると、キレイな白色になるため、このようにキレイな白色にすることがてきます。

 

 

 

LEDと比べて、明るすぎない上質な雰囲気で、とても安定しているため、振動でチカチカ点滅してしまうことはありません。

 

 

電球色と比べてみると、その差は一目瞭然。

 

 

 

 

デメリットを言えば、LEDよりも寿命は短いのですが、

 

 

メリットは、コスパと安定性がバツグンなことです。

 

 

もともとナンバー灯は、自分で簡単に交換できる部位です。

 

車種によって、適合が異なりますが、車内灯とサイズが同じことが多いので、車内も明るすぎない白色の白熱電球に交換するのもアリですね。

 

 

自然で上品な白さにできる上、光が安定する白熱電球での白色化がオススメです。

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

最もミニマムな軽スポーツカーはどれだ?〜「S660」「コペン」「アルトワークス」を徹底比較〜

 

キャンピングカーのベース車におすすめな仕様まとめ

 

キャンピングカー&旅好きなら一度は見ておきたい映画まとめ