車ライトのウインカー球をステルス化でシャープな目に

車ライトのウインカー球をステルス化でシャープな目に

車のウインカー球をステルス化でシャープな目に

 

ウインカーもLEDの車が増えてきましたが、グレードによってはまだまだ白熱電球のタイプも多いですよね。

 

確かにLEDの方が視認性は良くなるのですが、壊れたときはめっちゃ高くつきます。笑

 

そのほとんどは、構造的にライトユニットごと全交換になるためです。(;´・ω・)

 

 

そう考えると、白熱電球の方がチャチャッと交換できるし、自分でできる作業なので便利かもしれないですよね。

 

 

今回は、そんな白熱電球ラブのお車に乗っているユーザーさんに耳寄りな情報です。

 

 

 

電球のステルス化でシャープな顔立ちに

 

 

ウインカー球って、オレンジ色に光らせなければならないので、当然ながら電球もオレンジ色をしているのがフツーです。

 

しかし、この電球、

 

ステルス化という特殊なコーティングを施された白熱電球の場合、電球がシルバー色でありながらも、オレンジ色に点灯できる物があるのです。

 

 

左が通常のウインカー球

 

右がステルス化されたウインカー球

 

です。

 

 

まったく別の部位に使う電球かと思いきや、同じウインカー球です。笑

 

 

特にこのステルス球をフロントライト(前照灯)のウインカーに使用すると、愛車の顔つきがガラッとシャープに変わります。

 

 

 

 

 

値段はフツーの電球より若干高いですが、自分で交換できる車が多いので、電球が切れた時など、ついでに交換しておくとお得ですね。

 

 

愛車精神が強いほど、事故率は減るらしいですから、車に対するこだわりはとことん追求してイイものだと思います。笑

 

 

お気に入りの愛車で事故のない快適なカーライフを満喫しましょう。

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

車のナンバー灯白色化はLEDより白熱電球がおすすめ

 

最もミニマムな軽スポーツカーはどれだ?〜「S660」「コペン」「アルトワークス」を徹底比較〜

 

キャンピングカー&旅好きなら一度は見ておきたい映画まとめ