断食(ダイエット)中に空腹感を和らげてくれるブドウ糖が手放せない

断食(ダイエット)中に空腹感を和らげてくれるブドウ糖が手放せない

 

断食(ファスティング)あるあるですが、空腹感をいかにやり過ごすかという戦いがありますよね。

 

 

次の食事のタイミングまで何回か食欲MAXの波が来て、しばらくすると落ち着いてくる、、、的な。

 

 

やり始めは、食べ物を見ると喉から手が出てきそうなほどの食欲に襲われますが、

 

illustAC

 

 

慣れてくると、ある程度コントロールできたり。

 

 

とは言っても、やはり空腹感や頭がボーッとしてくる感覚は辛いもの。

 

 

思考も冴えません。

 

 

かと言って「少しだけ」と思いつつ何か一口食べてしまえば、逆に食欲を刺激してしまって、「あと1つ」がエンドレスに続いてしまいます。笑

 

 

illustAC

 

 

その都度、消化に体の機能が傾くため、排泄の機能は一時停止。

 

宿便の解消にもなりませんね。

 

 

 

「あぁ、結局また食べてしまった」

 

 

「私にはダイエットは一生ムリなんじゃないか」

 

 

と思えてきちゃいます。笑

 

 

これって明らかにストレスだし、

 

 

「逆に不健康じゃね?」

 

 

ってことにもなりかねない。笑

 

 

でも、諦めるのはまだ早いです。

 

要するに空腹感を抑えて、脳が働くエネルギー源だけ上手く補給できる方法があればいいわけです。

 

 

 

ブドウ糖が力になってくれる

 

 

 

「ブドウ糖ってなんだっけ?」

 

って感じですよね。

 

 

なんかお米とかのデンプン?から消化の過程で分解されてブドウ糖が登場してくるんだったような、、、。

 

小学校で習ったアレです。笑

 

 

ブドウ糖は脳が働く時に使うエネルギー源。

 

 

糖は糖でも「砂糖」とは違い、

 

「脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質」

 

なのです!

 

 

で、

 

コレ、直接食べるタブレットがあるんです。

 

 

 

 

ドラッグストアやおばあちゃんちのお菓子コーナー?で一度は目にしたことがある人も多いはず。

 

 

私も以前は

 

「コレってどーゆー人が食べるんだろ?」

 

と疑問でしたか、今となっては毎日ちょこちょこつまんでいます。

 

 

飴やガムを食べる感覚で、空腹感が強いときや頭を回転させたいときにパクッと。

 

タブレットになっていて、「夢の口どけ」の名のとおり、ジュワーっとトロけて甘味が広がります。

 

 

実際に高いお金を払ってトレーナーの先生をつけて行うファスティングでも使われていて、その効果は大きいです。

 

私もここ数ヶ月試していますが、食事を抜いたときにパクッと2〜3粒食べるだけで、空腹感は自然と消えていき、頭は冴えている状態をキープできています。

 

 

ガムの大容量タイプと同じケースに入っているモノと、1個ずつ個包装されているタイプがあります。

 

 

私の場合は、デスクにボックスタイプを置いておき、外出の時に個包装を何個か携帯しています。

 

 

外装のラベルはキレイに剥がせるので、

 

 

 

とてもミニマム・・・。

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

ノイズフリーです。笑

 

 

 

無知なまま過度な断食を行うことはお勧めできませんが、無理のない範囲で自分なりのリズムがある方にとっては、

 

一時的な空腹感から来るストレスを和らげるために、かなり心強いアイテムになり得ます。

 

 

なかなかお店に売ってないので、私はネットで箱買い中。

 

 

 

脳が消費するブドウ糖の量から計算すると、「1時間あたり5g」らしいですが、これだとちょっと摂り過ぎだと感じたので、私は「多くても1時間にタブレット1個まで」にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になった方は一度試してみてください。

 

(´∀`*)

 

 

 

よい1日を♪