歯磨きダイエットが効果的過ぎる

歯磨きダイエットが効果的過ぎる

歯磨きダイエットって知ってる?

 

 

 

効果があるのか疑問視される気がしますが、実際やってみるとかなり効果的です。(*´▽`*)

 

そもそも、歯磨きダイエットはどんなものかというと、

 

決めた量を食べ終わったら、歯磨きをして「区切り」を付けてしまおうというダイエット法です。

 

言うほど難しものではありませんね。笑

 

 

 

歯磨きしないから食べちゃう

 

この事実に気付いている人は案外少ないようです。

 

 

寝る前に歯を磨きますよね。

 

磨いた後って、いきなり「何か食べたい!」って思わないはずです。笑

 

特にミント系のスース―する歯磨き粉を使ったあと、歯磨きしたことを忘れてジュースでも飲もうものなら、

 

「ヴえっ!何これっ マズっ!」

 

ってなった経験があると思います。(≧▽≦)

 

 

美味しく感じなくなれば、自然と飲み食べしなくなるので、ダラダラ食べ続けてしまうことがなくなります。

 

 

長時間に渡って飲み食べした場合に気を付けたいのは、特に「糖質」。

 

ジュースやお酒は飲み物だからそれほど太らないだろう、と思って長時間飲んでいると、どれだけ飲んだかわからなくなってしまい、とてつもない量の「糖質」を接種していることになりかねません。

 

これじゃいくら頑張っても、痩せないわけです。(;´Д`)

 

 

虫歯も防げて一石二鳥

 

早めに歯磨きで「区切り」を付けることで、口内環境を清潔に保つことができます。

 

万が一、また食べたくなってしまったときでも、「また歯磨きしなきゃならないのか〜」と面倒臭く思うので、そもそも食べる気が起きませんね。笑

 

歳を重ねても食べる喜びをキープし続けるには、メリットしかないダイエットです。

 

 

 

水がうまい

 

歯磨きしたあと、飲み食べすることは躊躇しますが、水はガブガブ飲めます。

 

「水にも美味しい温度」があって、冷蔵庫で冷やす必要はなく、氷を1個入れて軽く冷やすだけで、格段においしくなります。

 

日本はどこでも蛇口をひねれば「おいしい水」が出てくるから、幸せ。(*´▽`*)

 

水の美味しさを再認識できますね。

 

 

参考記事

 

 

 

まとめ

 

早めに歯磨きしてしまうことで、「食べる」に区切りがつけば、やりたいことをやる時間がとれます。

 

ダラダラと飲み食いに消耗する前に、さっさと歯磨きしてしまいましょう。

 

ついでにデンタルフロスもすれば、完全に食べる気にはなりませんね。笑

 

 

関連記事
クリニカ フロス&スティックで歯間の歯垢ゼロへ 〜おすすめデンタルフロス〜

 

 

虫歯にはなりにくいし、簡単にダイエットできる。

 

「歯磨きダイエット」 超おすすめです。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪