そうだ、スクワットしよう!

そうだ、スクワットしよう!

 

子育て中のミニマリストです。

 

妊娠太りはかなり改善されてきましたが、育児も二人目となると、なかなか外にトレーニングやエクササイズに出かけるのが難しい時があります。

 

基本、早朝にいろいろとやっているのですが、最近は話題の「スクワット」に注目しています。

 

 

 

 

やっぱりスクワットがイイらしいヨ

 

 

illustAC

 

 

スクワットが何かと話題になっていますね。

 

お尻ブームというのもあって、その場でできる簡単な自重トレーニングであるスクワットは、確かに簡単で便利な方法です。

 

 

しかも、その効果は自重トレーニングの中で最も「即効性がある」と言われていて、すぐに効果が感じられるのは継続の励みになります。

 

 

というのも、スクワットで鍛えられる下半身の筋肉は、人間の体の中で一番大きな筋肉だからです。

 

トレーニングっていうと、何かと手で機械をガッシャンガッチャンしなければならないイメージを持たれている方も多いと思いますが、足の筋肉量は腕の3倍以上とも言われています。

 

 

それもそのはず、

 

逆立ちして腕の筋肉で生活するのは不可能ですよね。笑

 

「ちょっと一駅歩こうか」なんて、腕では不可能です。( ̄▽ ̄)

 

 

それを何の意識もせずにスタスタと体を運んでくれる足。

 

しかも体重を支えるだけでなく、ジャンプまでできてしまいます。

 

 

よくよく考えれば、とてつもなく大きな筋肉の存在を感じます。

 

 

また、「ふくらはぎ」は「第2の心臓」とも言われているとおり、重力で下がった血液を全身に送り返す重要な役割をしています。

 

なのでスクワットと合わせて踵(かかと)の上げ下げ運動をプラスすると効果は絶大。

 

photoAC

 

 

 

 

要するに下半身トレーンングの効果はデカい

 

 

体力向上の基礎トレーニングとして、まずランニングなどが優先される通り、下半身を鍛える効果と即効性は誰にも明白というワケですね。

 

 

しかし、

 

なかなかランニングもウォーキングも、まとまった時間がないとできなかったり、「お化粧してから」とか、「ウェア買ってから」、とか「お気に入りの曲ダウンロードしてイヤホン買ってから」なんてことになってしまい、なかなか始まらない場合も…。笑

 

なかなか思うようにできないことがストレスになってしまいます。

 

 

でもスクワットなら、いつでもどこでもできるというのがありがたい。

 

 

illustAC

 

 

ちょっと仕事や家事の合間でもできますし、子供を抱っこしたままでもできます。笑

 

思い立った瞬間に、10回〜30回やっています。

 

 

 

自分の体にこんなに大きな筋肉があったことを再認識できますネ。(´∀`*)

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

歯磨きダイエットが効果的過ぎる

 

防災意識を高めたい人にオススメの映画「サバイバルファミリー」

 

「ぼくたちは習慣で、できている」を読んで、「ミニマリズム×習慣」が最強だと確信した