防災意識を高めたい人にオススメの映画「サバイバルファミリー」

防災意識を高めたい人にオススメの映画「サバイバルファミリー」

 

防災訓練してますか〜?

 

 

わが家は月に一度行っています。

 

 

訓練って言っても、電気や水道をシャットアウトして、ロウソクやカセットコンロを使って生活してみるだけです。笑 (´∀`*)

 

 

これが、なかなかバカにならないというか、やってみないとわからないことがたくさんあるんです。

 

 

水なんて、20リットルのポリタンクが2〜3日で終わってしまうんですよ〜。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

 

 

ロウソクってめっちゃ暗いですよね〜。

 

 

 

ロウソク1本では、文字を読むことさえ困難です。(。-∀-)ミエネェ

 

 

 

実際に体感してみた人にしかわかりません。

 

 

 

映画で観るのも手っ取り早い

 

 

「そんな面倒くさい訓練したくな〜い」

 

 

って人にも、手っ取り早く防災意識を高めてもらえる映画があります。

 

 

 

「サバイバルファミリー」

 

 

という映画です。

 

 


 

 

 

この映画マジで参考になりますよ〜。

 

 

主演が小日向文世さんなので、どうしてもコメディー寄りに見てしまいがちなのですが。笑

 

 

要するに、楽しくガチな災害を疑似体験することができるということです。

 

 

 

 

舞台は東京、マンション住まい

 

 

主人公の家族は、東京のマンションに住むフツーの家庭てす。

 

 

お年頃の息子と娘がいる家族で、なかなかギスギスした家庭生活を営んでいますが、朝起きてみると、とんでもないことが起きていることに気付くのです。

 

 

 

 

もはや電池すら使えない

 

 

この映画が想定している災害は、すぐに死人がでないものの、かなり高レベルな防災テクニックを要するものです。

 

 

ネタバレになってしまうので、具体的に何が起きたかは言いませんが、電池すら使うことができない、究極のサバイバルの状態を強いられます。

 

 

この災害は、実際に数十年以内に起きるかもしれないと言われています。

 

 

 

もちろん車や電車も動きませんし、懐中電灯のライトさえ付けることができないのです。( ゚Д゚)ヤバイ

 

 

 

原子時代かよ!

 

 

つまり、そういうことです。笑

 

 

スマホはもちろん、電気も使えないなんて都市部で生活するのは、ほぼ不可能な状況になります。

 

 

しかも、この状態が2年近く続いてしまう想定・・・。

 

 

ちょっと想像しただけでもゾッとしませんか?

 

 

実際に想定して訓練するのは大変なので、まずは映画を見てみましょう。

 

 

 

田舎は大事。人が大事。

 

 

この映画を見てわかるのは、都市に出てバリバリ働いて、出来る子ぶっていられるのは、大切な家族や地方の支えがあってこそなんだなぁ、って感じます。

 

 

街で暮らす私達にとっては、電気が使えなければ、お湯を沸かすことでさえ途方もなく困難に思えてしまいますが、田舎のじいちゃんやバアちゃんにとっては、日常であり、フツーのことなんだと。

 

 

屋根や壁があって、布団で眠れることの有り難さを再認識させられる映画です。

 

 

血がブシャブシャ出たり、ゾンビが出たりしませんので安心して見てください。

 

 

 

ゾンビ系のサバイバルが見たい方は、海外ドラマの「ウォーキングデッド」がオススメです。笑

 


 

 

今なら「Amazonプライム・ビデオ」でシーズン7まで無料で見れます。

 

 

アマゾンプライムビデオで見る

 

 

 

こちらは「生きるか死ぬか」、「やるかやられるか」のキワドイ判断を求められる世界。

 

 

ゾンビに対する容赦ない処理判断と、人に対する危害許容判断が入り交じる極限のヒューマンドラマです。

 

 

このドラマでは、発電機や電池は使える想定となっています。

 

 

 

究極の防災は「消費を減らす」&「生産活動」

 

 

どちらの映画もドラマもそうですが、結果的に人が生き延びるために「消費を減らす」ことはもちろん、「生産活動」が必要だと実感できます。

 

 

減らすことはミニマリズムを駆使すれば、誰でも簡単に実現可能です。

 

 

特にこのあたりの記事から見てもらえると、かなり強くなれます。笑

 

 

「空腹感」が「幸福感」に変わるダイエット〜超少食を1年やってみた〜

 

 

断捨離の基準 〜「それ…、無くても死にませんよ。」〜

 

 

 

 

減らすことを終えたら、次に必要な防災は

 

 

生産」。

 

 

つまり、作物を育てることであったり、必要な物を作る技術。

 

または、その準備や計画のことです。

 

 

いざ自分一人で考え込んでも、何から手を付けていいのかわからないと思いますので、まずは「サバイバルファミリー」の映画を見るのがオススメです。

 

 


 

 

この映画を見るとき、

 

 

「災害の時、何から無くなるか」

 

 

に注目して見てもらえると、実用性があると思います。

 

 

 

 

絶望的な映画のような感じがしてしまいますが、決してそんなことはありません。

 

 

「無い状態」を楽しんでいる人もいたり、家族の絆が深まったり・・・

 

 

 

超絶オススメな映画です。(´∀`*)

 

 

ぜひ見て下さい。

 

 

 

よい1日を♪

 

 

おわり