ガレージシャッターのすき間から虫やホコリの侵入を防ぐ方法

ガレージシャッターのすき間から虫やホコリの侵入を防ぐ方法

簡単長持ちで効果的な方法あります

 

シャッターって、閉めたときに地面との接地面に少しだけ隙間がありますよね。( ̄▽ ̄)

 

あのすき間がけっこう厄介で、虫やホコリが侵入してくる経路になっています。

 

気付くとガレージ内にクモの巣が張っていたり、落ち葉やホコリが侵入していることが…。

 

これを劇的に減らすことができるんです。

 

以前にもこちらの記事で、よく効く殺虫剤について書いていますが、

 

参考記事

 

今回は、特にガレージなどのシャッター部分にピンポイントで効果的な方法をレビューします。(≧▽≦)

 

 

まずは、シャッターのすき間を埋めましょう。

 

このようなテープがあるのはご存じでしょうか?

 

 

 

これを接地面に貼っておくだけで、十分に虫やホコリの侵入を激減させることができます。

 

 

ブラシタイプになっていて、生じた隙間を柔軟に塞いでくれます。

 

 

お次は、防虫(殺虫)スプレーです。

 

このタイプが長期間効果を発揮してくれます。

 


 

 

特に、接地面からの侵入には、虫も這ってくるわけですから、地面に吹き付けておきます。

 

見た目を気にする場合には、真っすぐにラインが引けるようにマスキングテープを貼ってからスプレーするとキレイに仕上がります。

 

 

テープに沿ってスプレーしていき…

 

 

マスキングテープを剥がして…

 

スプレーした液体は、すぐに乾燥して真っ白なラインが浮かびあがります。

 

 

数十分もすると、このラインすら目立たなくなります。

 

 

本当によく見ないと見えないくらい目立たない。

 

 

 

シャッターを閉めるとこんな感じに。

 

 

これで虫やホコリの侵入を激減させることができます。

 

スプレーの効果はだいたい1カ月くらい。

 

もちろんスプレーが効果を発揮しているうちは、シャッターを開けた状態でも、這ってくる虫にはUターン効果があります。

 

 

虫やホコリの侵入を防いでストレスフリーに暮らしましょう。(*´▽`*)

 

この情報がお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

「アホ男子4歳、ガラスのコップを割る」の巻〜傾向と対策まとめ〜

 

落とし物を拾った時の対処法まとめ

 

車内で臭いテロを起こさずにテイクアウトする方法