クローゼットのドア(扉)が左右とも開いてしまう悩みを解決

クローゼットのドアはそもそも両方開くよ

 

 

 

クローゼットのドアをスライドして開けたら、左右とも開いてしまう。

 

そんな状態でお困りですか?

 

ウチは最近これが頻発しています。(;・∀・)

 

 

築数年が経過するとクローゼットドアのネジが緩んでくるため、よく開閉する扉ほど、この現象が起きやすいようです。

 

 

 

ウチのクローゼットドアはリクシル製ですが、どこのメーカーも似たような構造になっています。

 

 

 

そもそも両方開くよ

 

まず、理解しておきたいのは、ピボット(固定)とフリー(可動)という機能があるということ。

 

建具を取り付ける都合上、右に開くか左に開くか、どっちが便利かは、その家ごとに違うため、そもそも両方開くように設計されています。

 

ということは、普段固定されている側の「ネジが緩んだ」だけであり、故障したわけではないということです。(*´▽`)ホッ

 

 

何か特別な強い衝撃を加えた場合でもなければ、そうそう壊れる物ではありませんよね。(;・∀・)

 

 

というわけで、ネジを締めましょう。

 

フツーのドライバーを用意してください。(できればプラス)

 

 

そしてクローゼットの庫内側に自分自身が入れるようなら、入ってしまいましょう。

 

その方がネジが見やすくて、作業しやすいです。

 

※閉所恐怖症の人は注意。

 

 

上を見上げるとこのようなレール部分に吊車がついています。

 

 

 

本来の固定位置から外れてしまっているので、両方開いてしまいます。

 

 

まずは、固定位置にスライドして、

 

 

 

ネジを締めましょう。

 

 

 

扉の下部分は、ただのガイドレールなので、特に固定する箇所はありません。

 

 

締め終われば、片側開きの固定仕様に。

 

 

 

各メーカーごとのトラブル解決ページに、詳細が書かれていますが、なかなか見てもわかりにくいんですよね〜。(;一_一)

 

 

ただ、収納の中に、このように棚を作る場合などは、

 

 

 

扉を外す必要があるので、さすがにメーカーのページを参照する必要がありそうです。

 

 

リクシルのページへ →

 

YKKapのページへ →

 

 

 

おわり♪