妊活でやっておいた方がイイ事まとめ

妊活でやっておいた方がイイ事まとめ

妊活でやっておいた方がイイ事まとめ

 

子供二人を子育て中のママです。

 

 

 

妊活した経験から、「もっとこうしておけばよかった」という事や、やっておいてよかった事など、まとめておきます。

 

 

子育ては大変な事も多いですが、楽しいことや幸せもたくさん。(≧▽≦)

 

 

楽しく子育てするためにも、妊活準備を充実させましょう。

 

 

 

 

ウォーキング習慣をつける

 

illustAC

 

 

妊娠したら、ウォーキングが手っ取り早い運動不足解消法になります。

 

食欲が増すので、適正な体重管理のためにも無理なく運動できるウォーキングを取り入れる妊婦さんが多いです。

 

 

ただ、いくら簡単なウォーキングと言っても、いざ妊娠していきなり習慣化できるものではありませんよね。

 

 

「どこをどのくらい歩けばいいの?」

 

って感じ。

 

 

地域やライフスタイルによっても異なるので、自分にあった時間帯やルートを探すことからスタートします。

 

まずは5分でも10分でも、できる範囲から始めてみることが肝心です。

 

 

 

私は早朝に歩いていました。

 

 

 

夜だと不安だし、寝る前の運動で生じる活性酸素がお肌に良くないという話も聞いたことがあったので。

 

 

 

今どき朝活している人口も増えてきて、イキイキ歩いたり走っている人とすれ違うだけで、こっちまで元気をもらえます。

 

 

photoAC

 

 

(夜だとすれ違う人は全て不審者に見えてビビる。笑)

 

 

過去記事

 

 

 

モーニング(朝食)をやっているお店も増えてきているし、パートナーや家族と一緒に散歩しながら朝食をとるのもイイですね。(*´▽`*)

 

暗いとよくわからない街の様子も、朝はよく見えて、「この街ってこうなってたんだぁ」って気づかされることも多いです。笑

 

 

新しいオシャレなカフェを発見したり、ウォーキング上級者の行動をよく観察していると、思いもよらない素晴らしい発見があったりします。

 

 

 

雨の日や真夏の日中、冬の時期などは、近くのショッピングモールの中をグルグル歩いていました。笑

 

エアコンが効いているので、暑くもなく寒くもなく快適に歩けます。

 

時間帯によってセールの対象が変わったり、ウインドウショッピングしているだけで楽しいです。

 

ショッピングモールの中なら、常にお客さんやスタッフがいるので、急な体調不良の際も安心。

 

今どきショッピングモールは、妊婦さんや高齢の方の散歩コース?にもなっているので、グルグル歩いていても特にイタイ視線を感じることもありません。笑

 

モール内には靴屋さんがあると思うので、自分の足にフィットするシューズも選べます。

 

意外にも、ウォーキングのためのシューズって持っていなかったりしますよね。

 

転ばず、靴ズレを起こさないシューズ選びも重要です。

 

 

 

さて、歩いたら喉が渇いてきました。

 

妊活中に効果的なドリンクって何だろ?

 

 

 

 

AMOMAハーブティー

 

 

大人気のAMOMAハーブティーの妊活ブレンドです。

 

 

 

まずは、自分が落ち着くスイッチを見つけることが重要。

 

お茶を淹れることで、条件反射的に気持ちを冷静にスイッチします。

 

お茶ってホントに私達にやさしい飲み物です。

 

その上、妊活に有効となれば、最も身近な飲み物になり得ます。

 

 

 

妊活中に何を飲んでいるか?

 

というアンケートで、もっとも多い答えが「ハーブティー」だとか。

 

 

私は妊活時、妊娠時、授乳時とそれぞれ専用のAMOMAのハーブティーを飲んでいました。

 

 

 

それぞれ香りが違い、妊活ブレンドはジンジャーの香りが特徴的です。

 

 

精神的にも少々不安定になる時期ですが、ハーブティーの香りがするだけで自然と落ち着くので、相性がイイことは確信できます。

 

 

夫も、私がピリピリしているのを察して、進んでお湯を沸かしてハーブティーを淹れてくれました。笑

 

 

 

 

個人的に、特に助かったのは、ミルクスルーブレンドです。

 

 

 

授乳期におっぱいがパンパンに張り、カチカチになる症状を緩和してくれたので、乳首を切開せずに済みました。(;・∀・)

 

 

 


 

 

オーガニックのお茶でここまで効果があるなんて、神秘的。笑

 

 

 

 

 

妊活ママは歯が命

 

photoAC

 

 

これが意外と重要です。

 

実際に妊娠してから授乳を終えるまでの間は、麻酔や痛み止めの投薬が制限されるため、大きな治療ができなくなります。

 

つまり、痛いままひたすらガマンすることになってしまうということです。(;´・ω・)

 

 

虫歯などの治療は、数回通わなければならないクリニックがほとんどなので、早い段階で一度診てもらった方がイイです。

 

予約がとれなかったりすると、2〜3か月かかるケースもあります。

 

 

妊娠したら治療が出来ないという前提で期間を考えてみると、

 

妊娠期間の約10カ月間

 

 

産後の授乳期約1年間

 

= 合計約 2年間

 

 

・・・。

 

 

 

もしこのパターンに陥ってしまったら、かなりしんどいです。(;´・ω・)

 

 

治療はもとより、普段からの予防歯科も重要で、この機会に「虫歯にならない」環境作りに目覚めることができれば、産後も安定して子育てに集中できます。

 

 

過去記事

 

 

 

 

「虫歯にならない自分になる!」と決心してしまえば、海外旅行なども気兼ねなく行ける体質になれますね。(´∀`*)

 

妊活を通じて健康と本気で向き合えるので、悪くない話です。笑

 

 

 

 

 

運転テクニックを磨いておく

 

photoAC

 

 

日頃、車の運転をされる方の場合は、運転テクニックを磨いておきましょう。

 

 

子供が小さいうちは、ほぼ毎月カゼを引いたり、喘息になったり、、、

 

次から次へとトラブルが起こるので、いつでも安全運転で病院まで行ける体制を整えておく必要があります。

 

 

急な外出以外でも、なんだかんだ予防接種だったり定期健診だったり、頻繁に赤ちゃんを連れて出掛ける機会は多いです。

 

 

そんなとき困るのが、

 

運転中にめっちゃ泣きわめく

 

ってこと。笑

 

photoAC

 

 

赤ちゃんって、1歳くらいまでは車に乗せると「寝るか、泣くか」極端です。(。-∀-)

 

泣かれてしまった時、冷静に運転できるかどうかも重要なポイントになってきます。

 

 

 

「教習所を出てから、運転の勉強したことない」

 

という方は要注意。

 

 

教習所で習ったことは、最低限の条件を満たすためのことであって、必要十分ではありません。

 

自動運転技術が完全に確立されるのを待ってられませんよね。

 

 

今どきグーグル先生で「事故らない 方法」などと検索すれば、教習所では教えてくれない実践的な運転テクニックを知ることができます。

 

自分の技術を知れば無理な運転もしなくなり、時には「タクシーを呼ぶ」という懸命な判断もできることでしょう。

 

まずはググってみるだけでも、大きな一歩です。

 

 

 

 

 

マカ、葉酸、亜鉛

 

これはサプリなどで、夫婦ともに飲むと効果的です。

 

 

特に葉酸。

 

 

「葉酸」って何?

 

って感じですよね。笑

 

ウチも夫婦で飲んでいたところ、スムーズに妊娠できました。

 

 


 

 

葉酸は、妊娠期にモロに影響してくる栄養素の1つで、新鮮な生野菜や果物、レバーなどから摂ることができますが、なかなか日常的に充分に摂取することが難しい成分です。

 

なので手軽にサプリで摂ることをオススメします。

 

 

なるべく難易度を下げ、心と体の余裕を生み出すことに重点を置き、穏やかに過ごしましょう。

 

 

 

 

排卵日予測をちゃんとやる

 

photoAC

 

 

意外と排卵日予測をしていない人って多いですね。笑

 

アプリを使わなくても、「膣がギューンッ!ってなった時!」っていうワケのわからない感覚で予測できる方はいいですが…。

 

使えるものは使った方が便利だと思います。笑

 

 

 

個人的には「コウノトリ」というアプリが使いやすかったです。

 

パートナーもインストールすれば、スケジュールが連動するので、「この日」ってことがお互いにわかります。笑

 

 

妊娠する確率が格段に上がることは言うまでもありません。

 

 

 

男性側の気分で、「今日はそーゆー感じじゃないから…」って言われてしまうと、1カ月先まで待たなければなりませんよね。

 

これってなかなかショックです。(。-∀-)

 

男性側にも色々と都合があるとは思いますが、お互いに「確率の高い日」に向かって気持ちを高めていければ、そのストレスも最小限にできると思います。

 

 

アップルストアから「コウノトリ」をダウンロード

 

 

グーグルプレイから「コウノトリ」をダウンロード

 

 

 

 

 

プチ断食の効果

 

photoAC

 

 

「妊活で断食?」

 

って意外ですよね。笑

 

 

私もこれが一番意外でした。

 

逆にたくさん食べなきゃいけないのかと思っていたので…。

 

 

過去記事

 

↑コチラにも書いていますが、断食による効果で、「長寿遺伝子」のスイッチが入ると言われています。

 

 

つまり野性的に考えてみれば、「足りているほど生存本能が落ち着いてしまう」ということです。

 

 

チーターは飢えている時に最高速度で獲物を捕獲します。

 

あとはダラダラ寝てるだけ。

 

 

 

私も第一子の時は、3食キッチリ食べていたので、なかなか妊娠しませんでしたが、第二子の妊活の際に実験的に試してみたところ、すぐに妊娠することができたのでビックリ Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

(もちろん妊娠中は、ちゃんと食べています。)

 

 

これは男性の方にも効果的です。

 

↓ステキなタイトルですね。笑

 

 

 

この本の著者によれば、先進国ほど、「がんばってるのに、なかなか子供を授かれない…」というケースが多いらしいです。

 

世界的なデータを見れば、発展途上国よりも先進国の方が不妊に悩んでいるというのも分かる気がします。

 

 

あえて「足りない」危機感を体に覚えさせ、長寿遺伝子のスイッチをONにしましょう。

 

「人は内側から元気になれる」ということが実感できます。( ・`д・´)オッシャー

 

 

 

 

妊活は準備が大事

 

 

若い時は、妊娠って自然の成り行きだと思っていましたが、実際は全然違いました。

 

(結婚すれば自然と子供を授かるもんだろ、くらいに思ってた)

 

 

意識して準備しないと、大変なことばかりで妊活や子育てを楽しむ余裕が減ってしまいます。

 

それでは残念ですよね。

 

 

大変な妊娠や子育ても、一周回って余裕で楽しめる自分になれれば、こんな幸せなことはありません。(´∀`*)

 

「妊活を通じて本当の健康を手にした」という人も多いので、イイ事ばかりです。

 

 

 

 

それでは素晴らし妊活体験を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

二度目の出産と実際(細かなこと)

 

産後ママの特徴あるある〜世の男性よ、理解して!〜

 

痛くない虫歯治療のススメ 〜治療より予防にお金をつかった方がずっと安い〜

 

「モノが少ない」は防犯に直結する 〜効果的な防犯とは〜