デジカメで撮った写真をその場でスマホに転送する方法

FlashAir(フラッシュエアー)のSDカードを使えば、撮ったその場で写真をスマホに転送できる

 

 

デジカメで撮影した写真はどこに保存していますか?

 

 

Wi-Fiに対応していないデジカメでも、この方法を使えば、撮ったその場でスマホに転送したり、共有することができます。(≧▽≦)

 

 

私が現在使用しているデジタル一眼レフカメラの「EOS Kiss X7」はWi-Fi機能がありません。

 

参考記事

 

キャノンのEOSシリーズでは、X8という上位機種からWi-Fi機能が付くため、コスパに優れるこの機種では、非対応なのです。

 

 

 

しかーし!

 

 

そんなことは承知。

 

 

カメラ本体にWi-Fi機能が付いていなくても、SDカードにWi-Fi機能が付いていれば全然問題ないのです。(*´▽`*)

 

 

もう自宅に帰ってからSDカードをパソコンに抜き差しして…、LINEにログインして送信して…。

 

 

その必要はありません!

 

 

撮ったその場でスマホに転送して、LINEで送信したり、インスタにアップすることができちゃいます。(^^♪

 

 

こちらがその「FlashAir(フラッシュエアー)」

 


 

 

どこからどう見てもフツーのSDカードに見える…。

 

 

 

 

値段はフツーのSDカードより倍くらい高いです。笑

 

 

しかし、このSDカードをデジカメに突っ込んでおけば、カードを抜き出すことなく、いつでもどこでも撮った写真をスマホに転送できちゃいます。

 

 

 

 

FlashAir(フラッシュエアー)から写真をスマホに転送する方法

 

カメラにセットして写真を撮る。

 

 

スマホにFlashAir(フラッシュエアー)の公式アプリをダウンロード。

 

 

 

 

 

デジカメの電源をONにしてスマホの近くに置く

 

 

 

スマホのWi-Fi設定画面からFlashAirを選択して接続。

 

 

 

 

 

すると自動的に撮った写真が表示されます。

 

 

 

転送したい写真にチェックをいれて、「保存」をタップ。

 

 

 

これだけでスマホに保存されます。

 

めっちゃ簡単。(*´▽`*)

 

 

 

SDカードは抜き差しを繰り返していると、接触部分が擦れて読み込めなくなったり、カード自体を紛失したり…。

 

データを整理するのが面倒で撮りっぱなしになってしまいますよね。

 

撮ったらすぐにスマホに転送してしまえば、好きなときに加工したり、送信したりできます。

 

 

 

※注意

 

スマホにWi-Fi接続するとき、デジカメの「オートパワーオフ」の時間が短すぎると、作業中に接続が途切れてしまうことがあります。

 

デジカメの設定画面から、時間を長め(4分くらい)に設定しておくのがオススメです。

 

 

「EOS Kiss X7」で設定する場合

 

1 電源をONにする

 

 

 

2 左上のMENUボタンを押す

 

 

 

3 設定画面から、「オートパワーオフ」を「4分」などに設定する

 

 

 

 

まとめ

 

FlashAir(フラッシュエアー)便利ですね〜。(*´▽`*)

 

撮った写真をスマホに転送して、カード自体のデータは消去してしまえば、カードを買い替える必要すら無くなります。

 

さらに、写真をグーグルフォトに保存するなどしておけば、見たいときに見たい写真がすぐ見れて便利ですね。

 

関連記事
写真データの整理に消耗したくない 〜撮りっぱなしでOK〜

 

 

もう写真整理の苦労から解放されましょう。

 

 

撮った写真もその場でシェアすれば、本当に喜ばれますよね。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪