カメラの首かけストラップは不要? 〜自分に合ったストラップを〜

カメラの首かけストラップは不要? 〜自分に合ったストラップを〜

 

みなさんはカメラを普段どのように持ち歩いていますか?

 

私は以前、首かけストラップを使用していました。

 

↓これ

 

 

しかし、とっても軽くてコスパ最高の「Canon EOS Kiss X7」にしてからは、逆にネックストラップがネックになってしまうことが増えたんです。笑

 

参考記事

 

 

ネックストラップはどのへんがネックなのか

 

腰まわりでブラブラさせると危険

 

この状態です。

 

photoAC

 

 

意外と壁の角に「ドンッ」してしまうことがあります。(;゚Д゚)シマッタ

 

 

車に乗り込むときなど、ボディに傷をつけてしまったり…。(;・∀・)アチャ〜

 

 

体の前につりさげていると、肩が凝ってしまいます。

 

 

 

首にかけるのが面倒になる

 

 

完全に意味ないですね。笑

 

 

 

もはや邪魔でしかありません。

 

ときどきドアノブとかにひっかかって、「ビーンッ!」ってなったり…。

 

 

 

 

軽いカメラなら手首ストラップで十分

 

Canon EOS Kiss X7」だったら、350gしかないので、ケータイのストラップがミニマムであることに気付きました。笑

 

 

どこにでもあるケータイストラップです。

 

スマホにもストラップは付けない派なので、何かのイベントでもらったストラップを断捨離しようと思っていたところ、カメラに使えることがわかりました。

 

 

本来ケータイにつけるこの先端の細いヒモの分は強度がない(フツーは耐強度200g位)ので、この部分は外してしまいます。

 

 

 

黒いプラスチックの部分を引き上げると、か細いヒモが出現しますので、ハサミでカット。

 

 

 

カメラ本体のストラップ取付位置に、そこら辺の要らなくなったキーホルダーとかについてるダブルリングと一緒に取り付けます。

 

 

 

そのままつけると、ストラップは重なってしまい、

 

 

 

手を入れるときにいちいち輪っかをひろげなければならないので、あえて裏返して通します。

 

 

 

こうすることで、自然と広がってくれるので、サッと手首を通しやすい。

 

 

 

 

 

特にジャマにもならないし、バッグに収納するときにもカサばらなくて便利です。

 

手首にちょうど固定されることで、手ブレもしにくくなってサイコー。(*´▽`*)

 

 

 

もちろん専用品もある

 

このようなショボいストラップを使わずとも、かっちょイイ製品もあります。笑

 

 

レビューと評価の高いハクバのグリップストラップ

 

 

 

この安定感なら、より手ぶれを防げそうですし、疲労が軽減されますね。(*´▽`*)

 

 

カメラ本体の底面にネジで取付ですが、ストラップ自体にも底面にネジ穴があるので、

 

 

外さずにそのまま三脚も付けられて利便性がイイですね。

 

ただ、カメラを置くときに水平に置けなくなりますが、まぁ許容範囲かな。(;・∀・)

 

 

 

ストラップショット G3

 


 

 

バッグにつけて胸元に装着するタイプ。

 

めっちゃカッコイイ(≧▽≦)

 

このおじさんみたいに付けたら、世界をハードに旅してる感ハンパない。( *´艸`)

 

 

サングラスも必須かな。w

 

ハンドストラップも付属してくるので、まさに最強ですね。

 

胸の前ならどこかにぶつけて傷つけてしまう心配もなさそう。

 

撮りたい瞬間を逃さずに仕留めることができますね。(^^♪

 

 

 

まとめ

 

カメラの携行方法は人それぞれ好みがわかれるところですが、首掛けが最高とは限りません。

 

お店で一眼レフカメラを買うと、店員さんは当然のように首掛けストラップを勧めてくる場合がありますが、使う環境をよくイメージして自分に合ったストラップを選びましょう。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪