「ザファーム」のキャンプでグランピングしてきたヨ

「ザファーム」のキャンプでグランピングしてきたヨ

 

暑い夏いかがお過ごしですか?

 

 

夏といえばキャンプ!

 

アウトドア好きなのでガチのキャンプでもよかったのですが、一度やってみたかった「グランピング」を体験してきました。ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

 

 

ってか、グランピングってなに?

 

グランピングとは、

 

グラマラス「Glamorous」(魅力的な)

 

+

 

キャンピング「Camping」(キャンプ)

 

 

の造語で、自分でキャンプ道具を持って行ったり、テントを張らなくても、

 

自然環境の中でホテル並みの豪華で快適なサービスが受けられる、新しいキャンプスタイルのこと

 

です。

 

 

なんだか聞いただけでテンションがアガりますね〜。笑

 

 

ようするに、

 

手ぶらでチョイ豪華なキャンプできるヨ

 

ってことです。(´∀`*)

 

 

 

 

千葉県香取市にある「ザファーム」

 

 

 

今回グランピングしてきたのは、千葉県香取市にある農園リゾート「ザファーム」(THE FARM)という施設です。

 

 

 

率直に結論から申し上げますと…、

 

 

マジで最高!

 

また行きたい!(てか毎年行きたい)

 

 

という感じでした。笑

 

 

キャンプしたことある人も、そうでない人も、家族や気の合う仲間と超絶楽しく自然を満喫できる場所です。

 

 

 

それではさっそく、ザファームへの旅へ誘います。笑

 

 

 

 

「農園リゾート」と呼ぶにふさわしい場所

 

 

 

ザファームは別名「農園リゾート」です。

 

 

なぜなら、農園を運営している場所で、野菜の収穫体験などができるキャンプ場だから。

 

 

 

摂り立ての野菜を、そのままバーベキューできてしまうというスタイルのリゾートです。

 

 

 

 

千葉県香取市というと、茨城県の県境付近にあり、成田空港の近く。

 

はっきり言って超田舎なので、車でないと行けません。

 

標高は全然高くなく、空港が建設されるくらいなので、めっちゃ平らで広大な土地が広がります。

 

 

 

 

よく晴れたお天気の日でした。

 

 

道のりはとても穏やかで、トトロが出てきそうな森がたくさんある場所です。

 

 

 

悪く言うと、道端からウォーカーが今にも出てきそうな場所です。

 

 

・・・。

 

 

 

とりあえず今回はどちらとも遭遇しませんでした。笑

 

 

 

女性でも安全に運転しやすい道なので心配いりません。

 

 

平らな道から少し丘を登る道を越えると、そこにはザファームの駐車場が…。

 

 

 

 

 

車を停めると、さっそく立派なテントが見えてきます。

 

 

 

 

この時点ですでにテンションアゲアゲです!(≧▽≦)

 

 

駐車場横のラウンジに行き、チェックインの手続きへ。

 

 

と思ったのですが、時刻はまだ1時だったので(チェックインは午後2時から)、

 

周辺をウロついてみることに…。

 

 

テントの先へ進むと、とてもキレイでオシャレなカフェなどの建物が並びます。

 

 

 

とりあえずカフェで休憩。

 

 

 

今回の旅は、アホ男子2号(次男)はお休みです。笑

 

というのも、イヤイヤ期に突入したので、バアバに預けてお留守番。笑

 

箱を見つけるとソッコー入る

 

 

アホ男子1号もキャンプデビューは2歳からだったので、今回は見送りです。

 

 

イヤイヤ期で大げさに泣き崩れる2号

 

 

 

さて、話を戻して・・・、

 

 

こちらのカフェは外観も店内もとてもオシャレでキレイでした。

 

 

メニューも豊富で、いろいろ食べたくなってしまいます。笑

 

焼きマシュマロ(スモア)

 

 

カフェの窓際からは、このザファームで参加できるアクティビティの1つである「ジップスライダー」の様子が見えます。

 

 

ジップスライダーとは、ターザンが木のツルに捕まって「ア〜、アア〜っ!」ってやるみたいなやつです。笑

 

 

 

 

キャンプサイトの頭上に張られたワイヤーを滑車に捕まってスライドする、なんとも刺激的な乗り物。

 

スライダーの全長は200メートル近くあるのではないでしょうか。

 

 

事前の予約が必要ですが、一人2000円で乗り放題です。

 

体重が25kg〜100kgまでという制限があるので、アホ男子1号は見送りです。

 

大人だけ交代で乗ってもよかったのですが、おそらく1号がスネるだろうと思ったので次回。笑

 

来年には乗れるかな。

 

 

 

ジップスライダーのとなりには、カヌー体験の申し込みができるラウンジや、

 

 

 

↓カヌーは翌日やりました。

 

 

 

 

 

キャンドルやマグカップなどが手作りできるラウンジもあります。

 

 

 

 

 

リゾート内は、一周回ると良い運動になるほど広大です。

 

 

農園もめっちゃ広くて、様々な野菜を育てていました。

 

 

 

とりあえず端っこまで行ってみると、コテージもあります。

 

 

こちらはペット連れでも宿泊できるらしく、「テントに泊まるのはちょっと…」って方にはオススメです。

 

 

 

そしてファームカフェのすぐ隣には、「かりんの湯」というスーパー銭湯が併設されています。

 

 

 

それなりにお客さんはいますが、夜はザファームの宿泊者が多い感じ。

 

宿泊者は無料で利用できます。

 

テントから歩いて1〜2分なので、超快適ですね。(*´▽`*)

 

アメニティも充実しているので、特に男性は手ぶらで行けます。

 

 

サウナ―には嬉しいサウナと水風呂もありましたヨ。笑

 

 

 

いざ、チェックイン

 

 

キャンプなのにチェックインってなんか変な感じもしますが、グランピングなので、いいんです。笑

 

 

駐車場となりのラウンジへ。

 

 

 

とてもキレイでリゾート感がありながらも、オシャレなアウトドアショップみたいな感じ。

 

 

 

丁寧なスタッフの対応と、ウエルカムドリンクでおもてなしっ!

 

 

ライチのスパークリングジュースです。

 

うまし。

 

なんか高級ホテルのラウンジみたい。笑

 

 

寛いでいるうちにチェックインが完了し、テントの鍵、BBQのカード、銭湯の入館カードなどを受け取ります。

 

 

 

テントのスタイルは、「リバーサイド」、「ジュニアスイート」、「クリフスイート」、「フォレスト」、「ヴィラ」など様々です。

 

 

今回宿泊するテントは「ヴィラ」。

 

 

ラウンジからはやや遠い位置にありますが、道は舗装されているのでキャスター付きのバッグでも余裕。

 

 

キャンプにキャスター付きのスーツケースで来るあたり、なかなかナメてますね。笑

 

そこはグランピングならでは。

 

ガチの登山スタイルで来ているお客さんもいましたが、好きな格好で来れば大丈夫です。

 

(ヒールはさすがにキツいと思います。)

 

 

 

さまざまなテントを通りすぎ、

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

ここだ。

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

えっ????

 

 

 

 

 

 

 

ドドーン!!

 

 

 

・・・。

 

 

 

スゴすぎね?

 

 

・・・。

 

 

これがグランピングかぁ…

 

 

 

ハンパねぇ。

 

 

 

この「ヴィラ」というテントはデッキの上に2階建てのテラスと巨大なテントが建っています。

 

 

ウッドデッキは天然の木で、テラスの1階にはハンモックやバーベキューグリル、

 

 

 

 

ダイニングテーブルやシンク

 

 

 

 

 

2階への階段を上ると、

 

 

 

 

 

なんてこった…。

 

 

気持ちよすぎる。笑

 

 

さわやかな風が抜けて、とっても清々しいです。(*´▽`*)フヘー

 

 

 

それではテントへ。

 

 

 

メーカーの記載がありましたが、ちょっと何て読むのかわかりません。笑

 

 

入り口は二重(外側と網戸)のファスナー式になっていて、ファスナー部分を閉めた状態で南京錠をかけるスタイルです。

 

 

先程ラウンジでもらった鍵がこの南京錠の鍵。

 

 

 

ココはちょっと不安に感じる部分ですが、まぁ言ってもテントなので仕方がないです。笑

 

 

ダイヤル式の南京錠を持っている人は持参した方が便利かもしれませんね。

 

(外出の際に鍵を持ち歩かなくて済むから)

 

 

いざ、テントの中へ…。

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

入って正面

 

 

ワォ・・・。

 

 

 

入って右側

 

 

ワ〜ォ・・・。

 

 

 

入って左側

 

 

・・・。

 

 

 

ウッピョーッ!!!!

 

ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

スゴ過ぎる・・・。

 

 

 

まず、セミダブルベッドが2つ。

 

 

そして人数が増える場合には、マットとシュラフが2セットあります。

 

 

 

床は玄関?部分からさらに1段上がったところにピカピカのフローリング…。

 

 

 

 

天井はとても高くて、オシャレなライトが4か所ついています。

 

 

 

 

 

アメニティも充実しているようで、2つの棚にそれぞれ食器や歯ブラシ、タオルまで…。

 

 

 

 

 

 

ホームページには、「コンセントが常設されている」と記載があったので、設置か所を数えてみると…、

 

なんと! 3個穴が6か所!!

 

 

そして極めつけは、テントの外に設置されていたコレ。

 

 

もしかして、もしかして、と思ってはいたのですが、

 

 

 

やはり!

 

 

 

 

エアコンついてるやーん!!( ̄▽ ̄)

 

 

 

スゴすぎない?

 

 

 

(エアコン設置は「ヴィラ」のみです)

 

 

 

 

これがグランピングってやつかぁ。笑

 

 

 

テーブルの上には各種ご案内メニューが置かれていましたが、ルームサービスなどの各種サービスが充実しています。

 

 

 

 

 

 

ホントに着替えとお金だけ持ってくれば、余裕でキャンプが楽しめちゃうってことですね。

 

 

会計は最後にカードで払えるので現金さえいらないかも?笑

 

 

 

野菜収穫体験へ

 

 

テントの興奮がおさまったころ、さっそく農園に野菜を収穫に行きました。

 

 

集合場所のラウンジに手袋などの道具は既に用意されているので、手ぶらです。

 

 

 

子供も収穫体験を楽しそうにしていました。

 

 

 

自分達で収穫した野菜は、そのままバーベキューで食べることができるので、ニガテな野菜も克服するチャンスですね。

 

 

 

 

子供用アスレチックもある

 

 

キャンプ脇にはチビッ子用のアスレチックやミニジップスライダーの公園があります。

 

 

子供がジップスライダーで楽しいのはもちろんですが、大人が遊んで喜んでいるのが印象的でした。笑

 

私もその一人。

 

 

特に「ヴィラ」のテラスからこの公園がよく見えるので、大人はデッキで寛ぎつつ、子供が楽しく遊ぶ様子が見えます。

 

 

 

中央には広場みたいのもあって、別料金ですが夜に花火などを楽しむことができます。

 

 

 

 

 

17:00〜バーベキュー受付

 

 

たくさんはしゃいだ後はお腹が空くのも早い。笑

 

17:00からバーベキューの食材を受け取ることができるので、ラウンジへ。

 

食材や調味料が一式入ったトートバッグがもらえます。

 

 

中身はこんな感じ。

 

 

牛ステーキ、鶏肉、ぶた肉

 

焼き用の野菜

 

大量のサラダ

 

おいしいパン

 

 

 

自分たちで収穫した野菜や、大量の肉たちをグリルでバーベキューしちゃいましょう♪

 

 

 

グリルはすでに設置されていて、着火剤に備え付けのチャッカマンで火をつければ、すぐに火が起きます。

 

 

プラス料金でお肉を1ポンドにしてみました。笑

 

 

 

 

強火でしっかり焼いていきます。

 

とは言ってもぶ厚いので、一旦カット。笑

 

 

 

このグリルはとっても火力が強いタイプなので、日本風の焼肉バーベキュー(焼きながら食べるスタイル)よりも、全部焼いてから食べる本来のバーベキューのスタイルがオススメです。

 

 

 

 

お気に入りの場所に料理を並べたら、いただきます♪

 

 

 

だんだん日が暮れてきて、イイ雰囲気になってきました。(*´艸`*)

 

 

 

ランタンはガス式とLED式が用意されています。

 

 

 

お腹いっぱいになり、大自然のイイ風が吹いてきます。

 

 

片付けはゴミ袋や食器回収ボックスが用意されているので、種類ごとに分別して置いておけば、スタッフの方が朝回収してくれます。

 

 

ドリンクもルームサービスのように注文できますが、クーラーボックスなどがあれば持ち込んだ方が安いです。笑

 

 

 

氷はラウンジで飲用のものが1袋もらえます。

 

 

 

車で7分くらいの場所にセブンがあるので、食事前に買い出しに行くのもアリです。

 

 

 

 

いざ銭湯へ

 

 

 

すっかり日が暮れて、幻想的な感じになってきました。

 

テント内もやわらかな光に包まれて、ほっこりします。

 

 

 

 

通路を1〜2分歩くと、「かりんの湯」があります。

 

 

 

通路はライトが付いていますが、フツーに暗いのでスマホのライトか手持ちライトがあると安心です。

 

 

 

 

コチラの銭湯は地方の都市部によくあるスーパー銭湯なので、食事をする場所やロッカーなどが充実しているのでゆっくりできます。

 

温泉は大浴場(屋内)と露天風呂、サウナや水風呂があります。

 

これを機にサウナ―になってみるってのもイイですね。

 

名著「サ道」をサクッと読んでから行きましょう。笑

 


 

 

子供みたいにはしゃいで疲れた体もリフレッシュできますよ〜。笑

 

 

スッカリ癒されてテントに戻ったら、デッキで夜風に涼むのもよし、家族や仲間と語らうのもよし。

 

こんなシチュエーションだからこそ話せることもありますからね。(*´▽`*)

 

 

大自然の中、虫の音や風の音を聴きながら、トトロの森に迷い込んだような幻想的な体験ができました。

 

 

 

朝風呂&カフェでバイキング

 

 

テントでぐっすり眠った後は、朝日の自然光の中で目覚めます。

 

テントの生地は遮光性ではないので、朝日で自然に目が覚める感じです。

 

(アラームで起きたい方はアイマスク推奨)

 

 

静かで澄みきった空気がたまりません。(*´ω`*)

 

 

「かりんの湯」は朝の7時から営業しているので、開店と同時に行けば一番乗りできます。

 

湯上りの牛乳やコーヒー牛乳をグイっと飲むのもアリですね。笑

 

 

 

朝風呂でスッキリしたら、そのままファームカフェの朝バイキングへ。

 

カフェは朝8時に開店なので、朝風呂の帰りに寄ればちょうどいいです。

 

 

シャキシャキの新鮮野菜や焼きたてのピザなど、好きなものを好きなだけ摂ることができます。

 

 

 

私のオススメはテラス席。

 

 

 

天気が良ければ気持ちイイ風を浴びながらモーニングできます。

 

 

 

チェックアウトは10時なので、テントやデッキでリラックスしてすごしましょう。

 

 

暑い真夏でも、この時間の風はホントに気持ちがイイです。(´∀`*)

 

 

 

冗談抜きで風が気持ち良過ぎて、帰ってからも「あの自然な風はどうやったら再現できるのか」と考えていました。

 

いろいろ調べた結果、やはりバルミューダ The GreenFan(グリーンファン) に行き着きますね。(≧▽≦)

 

ポチってしまいたくて人差し指がウズウズしています。笑

 

もし買ったら詳しくレビューします♪

 

 

ファームカフェの朝食バイキングはテイクアウトもできるので、テントに持ち帰って食べることもできます。

 

 

 

 

それでもキャンプには変わりない?

 

 

ここまで「グランピング」とは言っても、やっぱり大自然の中、テントで過ごすとなればそれなりに気になることってありますよね?

 

 

そこで、

 

ザファームで過ごすグランピングに対する疑問、一問一答です。笑

 

 

問:となりのテントの声は気になる?

答:話し声は聞こえるけど、聞き耳をたてても内容はわからない程度。

 

絶妙な配置になってます。

 

遠すぎず近すぎず。

 

孤立しても不安になりますからね。笑

 

 

問:トイレはキレイ?

答:めっちゃキレイです!全く問題ありません。

 

やっぱりトイレが気になりますよね。

 

私も行くまで不安で仕方なかったのですが、着いてからは全く気になりませんでした。笑

 

まず、ラウンジのトイレはめっちゃ広くてキレイ。

 

 

24時間開いていて、化粧台やシャワールームまであります。

 

 

 

 

他にも中間地点のアスレチック付近に外トイレがあります。

 

一見すると公衆トイレのようにも見えますが…、

 

 

中はカフェのトイレくらいキレイです。笑

 

 

トイレの心配は無用ですね。

 

 

 

問:やっぱり虫は来る?

答:もちろん来ます。笑

 

私も虫がめっちゃニガテですが、やっぱり大自然の中のキャンプなので、ある程度は…。

 

ただ、テント内のライトはLED電球が使われていたり(LED球は白熱電球と周波数が違うから虫が寄りにくい)、工夫は見られるので通常よりはかなり少ない方だと思います。

 

あとは備え付けの蚊取り線香や虫よけスプレーで対策したり、寝るときは灯りを全部消すなどすれば、最小限にできると思います。

 

 

 

問:虫の声はうるさい?

答:時期によっては、カエルの鳴き声がうるさい時があると思います。

 

実際、ときどきカエルの声で目が覚めました。笑

 

オッサンのいびきかと思いましたが、カエルでした。

 

それ以外の虫の音は、むしろ天然のヒーリングミュージックのように心地よい眠りに誘ってくれるので問題ありません。

 

それでも気になる方や、ガッツリ寝たい方は耳栓の使用をオススメします。

 

過去記事

 

 

問:クマやイノシシなどの獣(けもの)はでないの?

答:でないそうです。

 

スタッフの方によると、時々ハクビシンは出るらしいですが、クマやイノシシなどの獣は遭遇したことがないとのこと。

 

まぁ、そこらへんのスリルも含めてキャンプですからね。笑

 

ウォーカーが出るよりはマシです。

 

 

問:雨の日はどうなる?

答:大雨でなければテントで過ごせます。

 

夜に夕立のような雨が降りましたが大丈夫でした。

 

テントには雨が落ちる音が気になりますが、大自然の中にいる臨場感がありますよ。笑

 

よほどの時は、車に避難してもらうことがあるそうです。

 

 

 

問:他のテントにもエアコンは付いてる?

答:エアコンは「ヴィラ」だけです。

 

他のテントには小型の除湿器が設置されています。

 

テントの網戸式小窓をうまく活用して通気すれば快適に過ごせます。

 

標高はそれほど高くはないですが、真夏でも夜はエアコンが不要なほど涼しいです。

 

実際、寝るときはエアコンを消しました。

 

いちばん暑いのはチェックイン直後。

 

このときにテントで休みたい方はヴィラがいいですね。

 

 

 

問:テントやデッキで喫煙はできる?

答:決められた喫煙所意外は全面禁煙です。

 

喫煙者の方はラウンジの外のソファで喫煙していました。

 

 

 

 

問:自販機はある?

答:あります。

 

ラウンジの建物わきに設置されています。

 

 

特に観光地価格とかではなくフツーの値段でした。

 

お酒の自販機は無いので、ラウンジで注文するか、近くのコンビニで買ってくる必要があります。

 

 

問:ケータイの電波は良好?

答:フツーにつながります。

 

ラウンジには無料のWi-Fiも完備しています。

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回「ザファーム」でグランピングを体験してみて、クセになりそうです。笑

 

なかなか自分でここまでの設備を用意するのは難しいですよね。

 

本格的にキャンプを始めようと思っている方にとっても、どこまで必要かを見極めるいいキッカケにもなると思います。

 

 

グランピングはハッキリ言って優雅なキャンプです。笑

 

でも、森の中の農園で過ごすことや、テントで大自然の中に寝泊まりしている感は、フツーのホテルに宿泊するのとは違い、とても濃厚で特殊な体験になります。

 

一泊が「超濃いぃ〜」感じです。笑

 

 

ガチのキャンプでサバイバルする体験も重要ですが、グランピングは間違いなく楽しいですし、それが何より。

 

 

客層としては、ファミリーが5割、女子会が5割という感じ。笑

 

面白いことに、なぜか男子チームはいませんでした。(たまたまかな)

 

 

手軽に特殊な体験ができることで、ファミリーや女子ウケがいいのかもしれません。

 

 

ウチのアホ男子はライトを常に手に持ち、ずっと探検家気分でいましたよ。笑

 

 

夜道なんか先を歩けなかったのに、進んで先頭を照らしながら歩いてくれました。

 

 

誰にとっても特別な体験になることは間違いないと確信しました。(´∀`*)

 

 

ぜひ機会があれば行ってみてくださいね。

 

 

ちょっと記事が長くなってしまったので、カヌー体験の結果は別に書きます。笑

 

 

 

 

 

 

よい夏を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

子供が最短で自転車に乗れる方法

 

スピーカー買うならコレ1個で十分だった話 「ボーズ サウンドリンクミニU

 

キャンピングカー&旅好きなら一度は見ておきたい映画まとめ