水切りかごはいらない

水切りかごはいらない

「水切りかご」は無くても困らなかった

 

 

 

4年前に水切りカゴを断捨離しました。

 

それまでは絶対に必要な物だと思い込んでいましたが、不要に…。

 

きっかけは長男が生まれて、キッチンのシンクで「ベビーバス」という赤ちゃん専用のお風呂を使っていたときに、いちいち移動するのが面倒で、邪魔だったからです。( ̄▽ ̄)

 

 

一緒にお風呂に入ってもいいのですが、湯船が温かかくてイイ気持ちになった赤ちゃんはウ〇チをしてしまうことがあります。笑

 

被害を最小限にするためにシンクで使えるベビーバスを使用していました。(≧▽≦)

 

産婦人科でも同じようなサイズのお風呂を使用しているので、やはり使い勝手がいいですよね。

 

 

子供も料理の手伝いをしたり、何かとシンクを使用するので、いつまでも食器を出しておくと危険だし、無くても全然困らなかったので断捨離することにしました。

 

 

水切りかごを無くせばシンクが広々と使えて、料理や片付けもストレスフリーになります。

 

 

ミニマリストは食器が少ない

 

ミニマリストになって、そもそも食器自体がだいぶ減りましたし、なるべくワンプレートで済むような食事を考えるようにしています。

 

数種類を少しずつ食べるようにすれば、健康にもイイですね。(*´▽`*)

 

お皿が一人1枚なら、洗い物もミニマムというわけです。

 

 

水切りかご自体がヌメるし…

 

そもそも水切りかごがヌメったり、カビが生えたりします。

 

なので水切りかご自体も頻繁に洗わなければ…。

 

追加で洗い物をすると、すでに乾いた食器の上に置くことになり、いつになっても乾きません。笑

 

これは小さなストレスでした。

 

 

タオルやキッチンペーパーでOK

 

洗い物をするときに、敷いたタオルやキッチンペーパーの上に食器を置いてすぐに拭き取ります。

 

 

「出しっぱなし」よりも、「何もない」状態が好きです。(・´з`・)

 

 

衛生面も、見た目も、気持ち的にも、水切りかごは無くても大丈夫。

 

 

食器洗浄機を収納にすれば…

 

 

ウチのキッチンはなんちゃって食洗機付きですが、あまり使いません。笑

 

洗い物の手間がミニマムなので苦にならないことが一番大きいです。

 

だからと言って不要だったとは思いません。

 

食洗機にはイイところがたくさんあるんですよ。

 

@ 人の手では到底洗えない高温で汚れを落とす

 

A 乾燥してくれる

 

B 食器の収納として使える

 

C 水切りかごとしても使える

 

もちろん洗う手間が省けることは言うまでもありませんが、そもそも食洗機に入れて洗った食器をまた使うのであれば、わざわざ食器棚に収納する必要さえなくなります。

 

 

高温で洗浄、乾燥してくれるから殺菌効果もあるので、時々は使います。

 

食洗機は確実に生活を豊かにしてくれる家電です。

 

 

大人数のときは…

 

来客などで人数が増えたときに、足りない食器分は、紙皿を使っています。

 

そうすることで、食洗器に入る食器はいつもと同じだから、食洗機の中で食器が配置しやすいですね。

 

 

 

まとめ

 

水切りかごは、あれば便利ですが、無くても大丈夫。

 

無くて困らないモノは、無い方がいいですね。(*´▽`*)

 

 

おわり♪