調味料が固まらない?珪藻土(けいそうど)アイテムが便利

調味料が固まらない?珪藻土(けいそうど)アイテムが便利

 

塩や砂糖などの調味料を保存する容器の中で、固まってしまうことがありますよね?

 

いざ使おうとしたらダマになっていて、ガリガリ削ってから使っていました。笑

 

 

特に塩と砂糖にはこだわりがあって、「伯方の塩」など、天然の物を使っています。

 

精製された塩とは全然旨味が違うからです。

 

特に違いがわかるのは、微妙な塩加減で味を調整するような繊細なスープなど。

 

それゆえこのような調味料入れに移して使用しているのですが、気づくと固りができてしまいます。

 

 

パン耳を入れるのはイヤ

 

よく乾燥材として「パン耳を入れておくと固まらない」という裏技的なテクニックがありますが、パン耳が湿気を吸ってくれるということは…。

 

放っておくとパン耳がカビたりするってことですよね。( ̄▽ ̄)チーン

 

塩自体はカビることってほぼ無いのに、そこにあえて有機物を入れるというのはいかがなものか…。

 

 

そこで、最近なにかと「吸湿」という分野で注目されている「珪藻土(けいそうど)」を使っています。

 

 

珪藻土って知ってる?

 

珪藻土(けいそうど)って聞くと、私が最初に思い浮かべたのは「壁に塗るやつ」です。笑

 

ナチュラルで健康志向な家の内壁の多くは、この珪藻土を塗るのが主流ですね。

 

「珪藻」という藻類の一種であるの殻の化石からなる堆積物のことです。

 

天然の物なので安心して使えるというワケ。

 

その吸湿性は素晴らしく、よく住宅展示場などに行って説明を受ける場合にも、スプレーボトルが置いてあって、スタッフの人が「壁にスプレーしてみてください」と言ってその吸湿性を説明するほど、優れています。笑

 

 

珪藻土ブロックやスプーン

 

私は、調味料が固まらないように、珪藻土のブロックを1個入れています。

 

 

天然の調味料には、やはり天然の乾燥材を使いたいという気持ちから、これを選びました。

 

 

 

塩が固まることもなくなり、常にサラサラで使いやすい。(*´ω`*)

 

 

2個入り。

 

 

 

人気の珪藻土アイテムには、かわいいスプーンタイプの物もあります。

 

 

 

天然の物には天然の吸湿材を使いたいですね。

 

安心はおいしい。(*´▽`*)

 

 

おわり♪