「親知らず」を抜くと小顔になる?〜安心して妊娠するためにも歯が命〜

「親知らず」を抜くと小顔になる?〜安心して妊娠するためにも歯が命〜

「親知らず」は斜めや横向きに生えてくる

 

「親知らず」とは、

 

18歳から20歳位に生えてくる一番奥の歯です。

 

 

その多くは、なんと横向きや斜めに生えていて、歯茎の中に埋まったままの場合もあります。

 

私は全ての親知らずを抜歯しました。

 

 

ほとんどがこの横向きでした。(; ・`д・´)

 

どこ向いてんねん!

 

ありえないです。笑

 

 

レントゲン写真を歯医者さんに見せてもらい、

 

今すぐ抜いてください( ゚Д゚)

 

とお願いしました。笑

 

もちろん「今日はムリです。」と言われましたが。笑

 

 

「親知らず」を放置するリスク

 

・原因不明の痛みを感じることがある。

 

・歯ブラシで磨けないので、奥歯が虫歯になる。

 

・奥歯や周りの骨を溶かしたり、歯並びを悪くしたりする。

 

・口臭の原因になる。

 

・若いうちに抜歯しないと回復に時間がかかる。

 

 

妊娠する前に治療しておかないと地獄をみる

 

妊娠や出産時に、女性ホルモンの変化で歯周病や虫歯にかかりやすくなります

 

そのときに親知らずに痛みが出ることが多いらしいのです。(;゚Д゚)

 

抜歯するには、抗生物質などの薬を服用する必要があるので、妊娠中は治療ができません

 

なので痛み止めで我慢し続けなくてはなりません。( ̄▽ ̄)チーン

 

妊娠する前に、虫歯の治療はもちろんのこと、親知らずを抜歯しておいた方がいいです。

 

妊活するなら歯医者に行きましょう。

 

 

 

親知らずを抜くと小顔になる?

 

親知らずとともにその周りには骨が盛り上がります。

 

親知らずを若いうちに抜いておけば、周りの骨がまだ柔らかいので、横に張り出した骨が収まりやすくなります。

 

若い時に抜歯しておけばメリットだらけですね。

 

 

ミニマリストは歯が命

 

健康な歯を保てれば、虫歯の治療をミニマム(最小限)にできます。

 

治療にかかるストレス治療費も最小限で済みます。

 

ミニマリストが手ぶらで気ままに、いつでもどこでも自由に旅できるのは、この余分な手間が省けるからです。

 

迷わず「親知らず」は断捨離しましょう。

 

 

そうだ、歯医者行こう。

 

 

おわり♪