人から許しと信頼を得て味方につける方法

ひと手間で味方は増える

 

 

次のような場面で賛成を得て、信頼を獲得したいときに有効です。

 

 

・職場で休みを取りたいときや、重要な仕事にチャレンジしたいとき。

 

・自分のアイディアに賛同してくれる味方をつくりたいとき。

 

・夫(妻)に高い買い物を許してもらいたいとき。

 

 

事前に相談するだけで、あなたの味方を増やすことができます。

 

 

たとえば具体的にこんな時…

 

photoAC

 

 

大好きな彼(彼女)と海外旅行へ行きたくなった。

 

しかし業務が多忙で休みがとりずらい…。

 

でも彼(彼女)と休みが合う日はその日しかない。

 

あなたならどうやって休みをとりますか?

 

上司のところへ行って、いきなり「この日休んでもいいですか?」と聞いてみたらどうなるでしょう?

 

もしあなたが上司の立場だったら、「いきなり何言い出すんだ?この忙しいときに…。自分勝手なやつだなぁ。」

 

と思うでしょう。

 

あなたのことを「空気が読めないやつ」と思うばかりか、信頼を一気に失ってしまいます。

 

 

しかし、言い方とタイミングで180°違う方向性に持って行くことはできます。

 

 

それは、上司に対して事前に、「彼(彼女)とのことを相談する」のです。

 

すると、上司は「そんな大事なこと、俺に話してくれるのか。」と、あなたの忠誠心や信頼感を感じ取ります。

 

実際にアナタがそう思っていなくても関係ありません。笑

 

あなたは上司の信頼を獲得し、その上、休みを取りやすくなるのですからヘンな意地は捨てましょう

 

 

「その彼(彼女)と今度海外旅行に行きたいねって話してるんですよぉ。でも忙しいからなぁって話をしたんです…。」とボソッと言ってみる…。

 

すると上司は、

 

「おぉ、そうか。行けるときに行っておくべきだよ!」

 

「今は忙しい時期だけど、こっちでなんとかカバーするから!」

 

と、あなたを応援する側にまわってくれます。

 

 

自分が相談にのっているカップルが上手くいくほど上司にとっては楽しくなりますし、自尊心が満たされます。

 

意外にも、普段はお堅い上司ほど、強力な味方になってくれる場合が多いのです。

 

あなたへの信頼の株が上がり、完全なる協力者になってくれます。

 

 

 

やはり「報・連・相」(ほうれんそう)は大事

 

報告・連絡・相談はやっぱり大事です。(。-`ω-)

 

「相談」という形をとることによって、頼っているのはアナタなのに、不思議と「相互信頼」が生まれるのです。

 

上司はさらにその上司に対しても、あなたの味方として積極的に働きかけてくれるでしょう。

 

すると上司の上司は「部下のためにここまで直属の上司が言うのだから、相当な信頼があるのだろう。」と受け取り、アナタの株は自動的に上がります。

 

 

例えば、新しいアイディア(企画)を提案するとき

 

周囲の同僚や上司に、「実は今度こんなアイディア(企画)を出してみようと思っているだけど、ちょっと相談に乗ってくれないかな?」

 

「いつも正確なキミの意見を聞いておきたくて…。」

 

と言ってみましょう。

 

あなたのアイディアをまるで自分のアイディアかのように、大切に思ってくれます。

 

 

 

夫(妻)に高い買い物の許可をもらうとき

 

突然買ってから事後報告すると、当然ながら完全に怒られますし、信頼を失います。笑

 

「この人は夫(妻)である私に何の相談もなく決めてしまったんだな…。」

 

と落胆させてしまうからです。

 

相手の自尊心をかなり傷つけることになります。

 

 

こんなときは、

 

「ちょっと相談があるんだけど、こういう物が欲しくて…。」

 

「ちょっと意見を聞かせてほしい。」

 

「自分でも納得したいし、いつも正確な君の意見を聞かせてほしいんだ。」

 

…と。

 

ちょっと時間はかかりますが、それくらいが逆に最短ルートで信頼も獲得できる道です。

 

このように話を受けた夫(妻)は、最初こそ

 

「もう、また始まったよぉ…。」

 

と思うでしょうが、「ちゃんと事前に相談してくれているし、この人も捨てたもんじゃないな。」

 

「私が反対するとわかっていながら、相談してくれているのだし…。相当考えているんだろう。」

 

「私を信頼して言ってくれているんだな」 と思ってくれます。

 

 

すると、

 

「ちょっと高いけど、私が賛成するだけでこの人が幸せを感じられるなら、たまにはいいか。」

 

と考えるようになってくれるのです。

 

 

この手のテクニックは「モニタリング」というテレビ番組で、「もしも夫が突然〇〇と言ったらそのとき妻はどうする?」というコーナーで成功例と失敗例を見ることができます。笑

 

夫がいきなり大きな買い物を告白したり、転職するとか言い出すあのコーナーです。笑

 

この企画で夫を許す妻は決して夫に甘いわけではなく、夫の言い方がたまたま良かったのです。

 

 

まとめ

 

ものは言いよう

 

 

一瞬でも相手の立場を考えて言い方を工夫するだけで、相互信頼を築くことができるなんて、言葉って大切ですね。(≧▽≦)

 

もっと ホウレンソウ してみよう!

 

 

おわり♪