デスク(机)には何も置かない&引出しは空っぽ 〜集中できる環境を作る方法〜

デスク(机)には何も置かない&引出しは空っぽ 〜集中できる環境を作る方法〜

できる人ほど「何もない」?

 

 

皆さんは机の上とか引き出しの中って、どうなってますか?

 

めっちゃ興味ある!( ・`д・´)フンガッ

 

 

デキル人ほど何もなくて、引き出しも空っぽだったりします。

 

できる人あるあるですね〜。笑

 

 

 

私も気持ちだけは、そうありたいと思って実践しています。

 

実践あるのみ!( ̄▽ ̄)ゞピシッ

 

 

「少ない」「何もない」は気持ちイイ

 

 

私の場合は、もはや便利さよりも集中できるかどうかを最重要視しています。

 

「これは置いてもいい」と決めると、いずれ判断があいまいになってきちゃうんです。(;・∀・)アホダカラ〜

 

 

なので、シンプルに「今取り組んでいる物だけ」を置くことにしています。

 

 

このデスクは本当に今使用中なの?

 

っていうくらい何もないデスクにしたいんです。笑

 

 

机の引き出し上段は常に空きスペースに

 

引き出しは、一番上の段は常に空の状態がイイです。

 

 

というのも、

 

机の上に何も置かず、今現在取り組んでいる物だけを出しているので、

 

次に取り組む物や書類などを一時的にしまっておくためです。

 

 

急に外出することになったときや、休憩のために席を離れるときなどは、この空っぽの引き出しに、とりあえずブチ込んでおけばいいようにします。

 

あとで、大事な書類がどこに行ったかわからなくなったり、書類が混ざってしまっては大変(というか危険)なので、常に「何もない」状態で目の前の作業だけに打ち込めるようにすれば、集中力が最高に高まるんです。

 

 

ホチキスなどの文具は必要になったときに、引き出しから取り出し、使ったら元に戻します。

 

 

 

文具は見なくても引き出しから取れるように配置する

 

これぞ、「必殺仕事人」って感じですよね。笑

 

文具を取り出すときに、見なくても取り出せるようにしています。笑

 

まずモノを少なくして、間をとって配置します。

 

 

使用頻度が高いモノから手前にくるように配置。

 

ほんの少しでも集中を欠きたくなければ、余分なモノは見えないように、そもそも置かなければいいのです。

 

 

特にお菓子などの食べ物を見える位置に置くと、気がそれてしまいます。笑

 

 

関連記事

 

 

 

試しに、何もない状態で実験してみると、自分の集中力が最大限発揮できることに驚くはず。

 

私はこの集中した状態がとても好きなので、最低でも一日に何度かは、この状態を作れるようにしています。

 

 

何もないから掃除が簡単、いつもキレイ

 

なんと言っても、このメリットは大きいです!

 

潔癖性ではありません。笑

 

ただのズボラです。

 

だからこそ、簡単に掃除できるように目指した結果、シンプルやミニマムに行き着きました。( ̄▽ ̄)ゞ

 

 

まとめ

 

モノの少なさと仕事の出来は比例する!

 

 

やるときはやる。

 

遊ぶときは思いっきり遊ぶ。

 

そして、定時に帰る。

 

とりあえず、最低でもこれが成し遂げられるようにすれば、人生はより豊かになると信じています。( ・`д・´)ヨシ!イイコト言った

 

 

おっ先に失礼しゃーッス!(≧▽≦)

 

 

おわり♪