キレイな字を書く方法〜読みやすさ第一主義〜

ほとんどはコレを直すだけで改善される

 

 

 

ペン字歴11年です。(*´ω`*)

 

と言っても、ペン字の本で習っただけ。笑

 

自己流でとてつもなく読みにくい字を書いていたのが、スッキリ読みやすい字になりました。(≧▽≦)

 

後々読むためにせっかく字を書いているのですから、読みやすさが第一だと思っています。

 

正直、達筆な字を書きたいとは思いません。

 

逆に見ずらいし、ムダ書きが多すぎる気がするから…。

 

ある程度カタチを整え、少々の「クセ」は残して、見やすければ十分だと思います。

 

 

まず、結論から言うと

 

・ペンは握らずに「つまむ」

 

・ペンは立て気味に

 

・「はね」や「はらい」は不要

 

・小指を安定させる

 

・利き腕の「肩」の前で書く

 

・書き出しゆっくり、段々速く

 

これを意識するだけで、見やすい字を書けるようになります。

 

 

ペンは握らずに「つまむ」

 

大前提としてまず持ち方ですが、ギュッと握りしめるように持てば安定すると思いがちですよね。

 

しかし、余分な力が入っていると、書いていてとても疲れますし、筆圧が高くなって筆先が繊細に動きにくくなってしまいます。

 

まずは、ペンを机に置いた状態から「人差し指」と「親指」で軽くつまんで、

 

 

中指を添えるような感じで持ちましょう。

 

 

ペンの重さだけで軽く書くようなイメージです。

 

重たい高級なペンを使う必要はありません。

 

ペンの重さを感じながら書けるくらい、「力(りき)まずに書く」ということです。

 

「上手に書こう」と強く意識するほどに、力が入ってしまい、ペン先のコントロールを失ってしまいます。

 

余分な力を入れなければ、長時間書いていても疲れません。

 

 

ペンの角度は立て気味に

 

ボールペンで書く場合には、ペンの構造上、紙に対して垂直にした方がインクが出やすいわけですが、具体的には60度〜90度くらいに立てて書くとサラサラと書けます。

 

必要以上にペンを寝かして書くと液だまりができたり、線がかすれたりするので、やや立て気味に書きましょう。

 

 

「はね」や「はらい」は不要

 

「はね」と「はらい」をついに断捨離です。笑

 

地味にK点超えですね。(≧▽≦)

 

そもそも、「ペン」と「」は全然違いますから、同じことを求める必要はありません。

 

文化庁も「はね」や「はらい」について許容する方針だそうです。

 

ペンで筆のように書くのは不可能ですよね。( ̄▽ ̄)

 

もはや、「はね」や「はらい」はペン字において余分な装飾とも言えます。

 

実際に、「はね」や「はらい」に縛られると、見ずらい字になってしまいますね。

 

 

達筆が過ぎると、見ただけで読むのがイヤになるし。笑

 

 

小指を安定させる

 

ペンを持って書こうとすると、小指が紙に接地します。

 

この小指に少しだけ力を入れるイメージを持つと、筆記が安定するんです。

 

力を入れるといっても、小指の腹を軽く内側に引き付ける程度。

 

 

 

利き腕の「肩」の前で書く

 

人それぞれ書きやすい位置は違うかもしれませんが、私がオススメする位置は、「利き腕の肩」の前です。

 

 

自然と力まずに書けますし、字の傾きやクセを最小限にすることができます。

 

 

書き出しゆっくり、段々速く

 

書き出しはゆっくり。

 

時間をかけるほど丁寧に書けるのは言うまでもありません。

 

しかし、いつまでもタラタラと書いているわけにはいかないでしょうから、字体が整ってきたらスピードアップするような感じで書いていきましょう。

 

ゆっくりが最速であることは、こちらの記事に書いています。

 

 

まとめ

 

私は字に多少のクセがあっていいと思います。

 

機械で印刷すれば完璧な字はいくらでもできるんですから…。

 

人それぞれ違う自体の方が楽しい。(≧▽≦)

 

書く側にとって「気持ち良く」、読む側にとって「見やすい」ことが第一ですね。

 

 

おすすめのペン字に関する本はこちら。

 

 

 

おわり♪