ハイターで漂白したタオルの塩素臭さを消す方法

ピンクは消えたけど塩素臭くなったら…

 

 

 

白いタオルがピンクになってきたので、またハイターします。笑

 

 

以前の記事

 

で紹介した方法でやってみた方から、「塩素臭さがなかなか消えない。」という相談がありました。

 

そこで今回は、タオルを真っ白にしつつ、簡単で安全に塩素臭を取り除く方法も合わせてレビューします。(≧▽≦)

 

 

必要な物は「ハイター」と「水(できればぬるま湯)」だけです。笑

 

ハイターにはキッチン用と洗濯用がありますが、どちらでも大丈夫。

 

前回は洗濯用でレビューしたので、今回はキッチン用でやってみます。

 

 

 

水を貯めてハイターまぜまぜ

 

 

まずは手荒れを防ぐためにもゴム手袋をしましょう。

 

 

お次は洗面器などに水(できればお湯)を貯めて、タオルを浸けます。

 

キャップ1〜2杯のハイターを入れて…

 

 

水の中でタオルをつまんで、円を描くようにグルグルと回してハイターがしっかり混ざるようにします。

 

 

このまま30分放置…。

 

 

すっかり白くなっていますね〜。(・´з`・)サイコー

 

 

さてさて、浸け置いた水を抜いて、すすぎましょう。

 

 

水を含ませて絞る×10

 

特別な溶液などはいっさい使用しません。

 

タオルを絞ったら、しっかりと水(できればお湯)を含ませて、

 

 

絞るだけ。

 

 

最低でも10回絞れば確実です。

 

気合いでいきましょう。笑

 

(力まなくてもフツーに絞れば十分です)

 

 

 

 

お次は、通常に洗濯。

 

水をMAXに設定して、通常の洗濯用洗剤で洗います。

 

 

中和するとか考えない方がいい…

 

ハイターはアルカリ性なので、酸性のものと「まぜるな危険」になっています。

 

塩素系のアルカリ性なので酸性と混ぜて中和しようとしたところで、ニオイを消すことにはなりません。

 

危険なので絶対にやめましょう。

 

水でタオルに含まれている塩素の成分を少しずつ押し出すような感じで…。

 

 

 

まとめ

 

最低限のハイター量で十分に白くなります。

 

 

ハイターの量を濃くしてしまうと、その分塩素臭を取り除くのが大変になってしまうので、少ない量で漂白しましょう。

 

 

おわり♪