「本を聴く」アマゾンオーディブルをレビュー

ついに、本を聴ける時代へ

 

illustAC

 

 

みなさんオーディオブックって知っていますか?

 

まぁ字のごとくなんですけど、本の朗読を聴けるサービスのことです。

 

最新の本から、読むのはちょっと疲れる「ビジネス書」や「啓発本」まで、品揃えが豊かなんです。

 

 

つまり、本を持たずに、あなたの読みたい本を「美声のナレーターが読んでくれる」のです。

 

こんな夢のようなことが実現する世の中になりました。笑

 

最高ですね。(≧▽≦)パチパチ

 

 

もちろん録音データなので何度でも聞き直すことはできますし、早送りもできます。

 

 

 

読むスピードを調整して、「速聴」(再生速度を速くすること)も可能。

 

毎日の通勤時間やウォーキングなど、「〇〇をしながら読書」ができる夢のようなアプリです。

 

 

まだ使っていない人がいるとは、正直信じがたいですが、細かくレビューします。笑

 

 

「本を読む」のとはまた違ったメリット・デメリットがあるんです。

 

 

本は「聞く」でもっと豊かに、もっと自由に。

 

illustAC

 

 

まずダウンロードするのはこちらのアマゾンオーディブルのアプリです。

 

 

 

1カ月間無料です。

 

 

さらにアマゾンプライム会員なら3か月無料。

 

何か作業しながらでも「聞くだけ」で本が読めてしまうので、本が好きな人は一日に何冊も読めて(聞けて)しまいます。

 

 

アマゾンオーディブルのメリット

 

メリット1

プロのナレーターが丁寧に読んでくれるから、とても聞きやすい

 

プロが読むとやっぱり違いますね。

 

小さな音でも十分に聞き取りやすくて、助かります。

 

 

メリット2

どこでも聞ける

通勤途中の電車や車内はもちろん、移動時間も有効に活用できます。

 

 

メリット3

イヤホンをして聞くことができる

片耳のBluetoothイヤホンでも、十分に聞きとることができます。

 

アマゾンベストセラー1位のイヤホンはこちら

 

 

両耳でもっと聞きやすいイヤホンをお探しの方はこちらを参考にどうぞ。

 

 

メリット4

細かく再生速度の調整ができる

0.5倍〜3.0倍速まで変えられます。

 

「速読」や「速聴」したい人にはピッタリですね。

 

脳の活性化や脳トレにも効果的です。

 

 

メリット5

他の作業をしながらでも確実に読める(聞ける)

 

これが最大のメリットでしょう。

 

なかなか本を開くことができない環境や、本を持ち歩きたくない場合でも、聴いちゃえばいいんです。笑

 

 

メリット6

スリープタイマーの設定ができる

 

 

寝る前に「30分だけ聴こう」なんてことも可能です。

 

暗い場所でも灯りは必要ありませんし、本と違って目が疲れてしまうことはありません。

 

眠くなったら、そのまま眠ってしまえばいいのです。笑

 

 

これはマジでイイ (≧▽≦)

 

 

これ、本当に聴きやすいです。

 

イヤホンをつけてどこでも聞けるのがありがたいですねぇ。

 

あるいはスピーカーの大音量で聞くのもアリ。

 

おすすめのスピーカーの記事

 

 

デメリット

 

デメリット1

本に掲載されている図や写真が表示されない

 

 

そうです。想像してください。感じてください。笑

 

 

さすがに、実際の本に掲載されている図や写真などは表示されません。

 

この辺が可能になれば、さらに使いやすくなることは間違いないですね。

 

まぁ、ホームページを見たり、ググったりしながら聞けば、画像情報として出てくるものがほとんどですが…。

 

 

デメリット2

本のように、見たいページを素早く探すことはできない。

もう一度見たいと思った重要なページを探すには、聴いているときに「ブックマーク」をしないと、また聞き直さなければならないです。笑

 

 

本のように、なんとなくペラペラめくって「あった!」的な探し方ができないのはデメリットです。

 

 

まとめ

 

多少のデメリットはありますが、「本を聴ける」ということ自体が画期的過ぎて素晴らし過ぎる。(≧▽≦)

 

本は読むから聞くへ。

 

もっと豊かに、もっと自由に。

 

 

おわり♪