「ランチをご馳走したことが無い人」がめっちゃ損してる理由

「ランチをご馳走したことが無い人」がめっちゃ損してる理由

あなたは「ランチ派」?「ディナー派」?

 

行くなら「ランチ」か「夕食」か。

 

 

みなさんはどちらの機会が多いですか?

 

 

私は断然ランチです。

 

photoAC

 

 

女子だからっていうことだけではなくて、ランチの方がプラスが大きいから。

 

 

特に今回は「ランチをおごる」効果について書きます。

 

 

 

ランチはコスパがスゴい

 

 

これは言うまでもありませんね。

 

 

夜に行ったら、「とうていこの値段では食べられないだろう」ってくらいの安さ。

 

photoAC

 

 

お得なセットでドリンクやデザートまで付いてきたり…。

 

 

今時、1000円のランチを注文すれば、それ相応の料理が食べられます。

 

 

これがディナーだと、お酒が入ったり、ドリンクがそもそも別料金なので、合計で5000円くらいかかってしまいますね。(;・∀・)

 

 

じゃぁ逆に、その分をランチに使ってみたらどうでしょう?

 

 

ランチに5000円・・・。

 

 

フルコースですね。笑

 

 

こりゃご馳走になってしまったら、頭上がりませんわ。笑

 

 

まぁ、デキル人は「2500円のランチに2回招待」を選択するでしょうけど。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

ランチの方が話せる

 

 

これはホント女子に限らず。

 

photoAC

 

 

しかも「おごる」わけですから、普段なかなか男同士でランチに行っても話が合わない人同士でも、おごってもらう側は気を遣って話をします。笑

 

 

美味しい食事を食べながら話をすると、どうでもよくなっていろいろ話したくなります。

 

 

お酒も入っていない分、思考はハッキリとしていますから、スムーズに。

 

 

一回の食事で60〜90分も話せば十分ですよね。

 

 

それがディナーでお酒が入ると、なんだかグダグダ2〜3時間やっている割に、なかなか核心をついた話ができずに終わることもあったり…。

 

 

結局、今日はなんだったんだろう…って。

 

 

まぁ、夜会には夜会のイイ所もあるので、完全否定はしませんが。笑

 

 

 

 

参考になる著書

 

 

「世界一受けたいお金の授業」

 

 

 

著者である和仁達也先生も

 

本とランチは最もリターンの大きい投資

 

と言っています。

 

 

 

私はこの本をアマゾンオーディブルで聴きました。

 

 

 

本を読むのがなかなかニガテ…

 

という人でも、いつでもどこでも聞き流せばいいだけなので、活字を目で追う必要はありません。

 

 

読む(聞く)速度も自由に変えられるので、さっさと読んで(聞いて)しまいたい方にもピッタリです。笑

 

 

 

 

おごってもらったら「すいません」はNG

 

 

逆に食事をご馳走になった場合には、「すいません」とか「ごめんなさい」など、日本人特有の「なぞの謝罪会見」は避けましょう。

 

 

著者も、会計際における「ここは私が…」的なやりとりと、「すいません祭り」がいかに無意味であるか語っています。

 

 

おごった側の気持ちとしては、「ご馳走さまです!美味しかったです!」と言ってもらえた方が嬉しいに決まってるから。

 

 

「ご馳走したことがない人」であることがバレバレですね。笑

 

 

 

誰かに気持ちよく「ありがとう」と言ってもらえたら、それだけで人は満足なんです。

 

 

合わせて読みたい記事

 

 

 

 

まとめ

 

 

聞きたいことがあるなら、「おごるよ」と言ってランチに行こう。

 

 

聞きたいことをズバリ聞けばいい!(≧▽≦)

 

 

注意する点は、「おごってやった感」を出さないこと。

 

 

その程度でオラつかないこと。笑

 

 

 

おわり♪