暑くて寝苦しい夏はバンザイすると寝つきが良くなる?

暑くて寝苦しい夏はバンザイすると寝つきが良くなる?

 

暑い夏、いかがお過ごしですか?

 

冷房をつけないと寝苦しい夜もありますね。(;´・ω・)

 

すっかり真夏です。

 

 

 

夏バテは睡眠不足が原因の1つとも言われているので、ちゃんとエアコンをつけることも重要。

 

 

 

暑苦しい夜は子供を寝かしつけるときも、なかなか苦労しますよね。

 

アホ男子が二人いるので、寝相の悪さにイラっときます。(。-∀-)

 

illustAC

 

 

朝起きると上下が逆になっているのは日常チャめし。笑

 

 

 

ネコも床で無防備に仰向け。笑 (=^・・^=)

 

 

 

 

私もそうですが、普段「気をつけ」(直立)の姿勢で真上を向いて寝ている方は、なんだか脇の下に熱がこもっている気がしませんか?

 

 

脇の下が蒸れる感じというか、熱が「もわ〜っ…」てこもっているような感じ。

 

 

 

寝つきだけバンザイすれば体感温度はグッと下がる

 

 

ダマされたと思って、やってみてください。笑

 

ずっとバンザイしたまま寝るのは、あまりオススメできませんが(肩が凝る場合もあるから)、睡眠の導入だけでもバンザイして脇の下を解放することで、熱を上手に逃がすことができます。

 

 

illustAC

 

 

徐々に体温が下がってきて、気持ちも落ち着いてくるので、眠る体制に入りやすくなります。

 

 

「バンザイ 寝る」で検索すると、なんだか「不健康の前兆」的なことばかりヒットしますが、本当にそうだとしたら赤ちゃんはみな不健康?ってことになっちゃいますよね。笑

 

要するに「脇が開いていれば放熱できる」というだけのことです。

 

心臓から指先まで血液を送る負荷や距離は、横たわっている以上同じなので必要以上にビビる必要はありません。

 

 

 

熱中症になった時の対処法として、脇の下に保冷剤や冷えたペットボトルを挟むことはよく知られている通り、脇の下の放熱効率はバカにならないです。

 

 

また、背中の肩甲骨を中央(背骨の方)に近づけるように意識すると、胸が開いて呼吸も深くなります。

 

 

よく赤ちゃんが同じような姿勢で寝ていますよね。

 

 

 

 

これにはいろいろ理由があると言われていて、まだ肺活量の少ない赤ちゃんがたくさん酸素を取り入れるためだったり、上手に放熱するためだったりします。

 

 

(赤ちゃんは眠くなると体温が高くなる)

 

 

 

 

昼寝のパワーナップはバンザイで

 

 

私が普段から取り入れているのは、夜寝るときの導入として「深い呼吸」に意識を持って行くため(瞑想状態)と、昼寝(パワーナップ)の時に体温を放熱するためです。

 

 

 

バンザイした寝姿は、まさに

 

「爆睡してますっ!」

 

って感じでアホみたいですが。笑

 

 

illustAC

 

 

放熱効率を本気で考えるなら、バンザイ推奨です。笑

 

 

 

日本の暑苦しい夏も、バンザイ睡眠で乗り切りましょう。(´∀`*)

 

 

がんばれ、ニッポン!笑

 

 

 

よい睡眠を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

寝苦しい夏の暑い夜は頭を冷やしてぐっすり眠ろう

 

ニトリの「Nクール」で暑くて寝苦しい夏もヒンヤリ快適

 

ミニマムな昼寝

 

プロの業者に「エアコンクリーニング」を依頼しました