ミニマリストのキッチン

スポンサードリンク

何もないキッチン

 

収納できる量しか持っていないので何も置きません。

 

 

何もないので 「洗うように掃除する」 ことができます。

 

(「ミニマリストのおそうじ」を参照)

 

 

キッチンマットも掃除しにくいので置いていません。

 

 

モノにも住所を

 

モノ1つ1つを定住させます。

 

希望すれば住民票を発行できるレベルに。笑

 

さすがにタオルはしまえませんが、無印良品のタオルでノイズを最小限にするなどしています。

 

 

置いているボトルは

 

 

無印良品の泡で出る詰め替えボトルにキレイキレイ泡フォームを入れています。(左側)

 

 

右側のボトルは、人気の

 

     チャーミーマジカ

 

のボトルそのまま(外装をはがしただけ)です。

 

外装をはがすだけでノイズを消せるので面倒くさがりな私でも楽勝です!(*´▽`*)

 

 

シンクにはスポンジを置いたりするステンレスのラックが付属していましたが、

 

放っておくとラック自体がヌメッたり、カビたりしたので使っていません。

 

これまた全然問題ないです!

 

 

食器洗いのスポンジには

 

    マーナ 葉っぱ型スポンジ

 

を使っています。

 

 

このカタチと両面粗さの違うスポンジが気に入っています。

 

 

粗い面で予洗いをすれば少しの洗剤だけで簡単に汚れを落とせます。

 

 

洗い物が終わったら最後にシンク全体を洗って、粗い面を下にしておけば乾きます。

 

スポンジラックは必要ありません。

 

 

 

シンクの対面にある収納たちです。

 

 

料理のときよく使う 「塩・だし・砂糖」 はシンプルな容器に入れて置いてあります。

 

コンロの近くに置くと、飛んだ油などでこの容器自体がベトベトになってしまうのでココに置くことにしました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

使用頻度で配置換え

 

↓食器棚には下の段からよく使う順に配置しています。

 

 

使用頻度が高い物ほど中央に配置。

 

 

以前はこんな感じでした。 グチャグチャやん (;´・ω・)

 

 

何がどこにあるのやら。 そりゃあもう、取り出すときに落として割ります…。

 

もちろん戻すときも大変です。

 

 

↓隣はお皿の収納です。

 

 

収納とモノの割合は、収納容量に対して50%までが使いやすいと言われています。

 

 

一度全部棚から出して本当によく使うものだけを取り出しやすく配置したら自然と50%くらいになります。

 

以前はこんな感じでした。

 

 

今までに「処分しなければよかった」と思ったものは1個もありません。

 

食器を全部出してみると「こんなの持ってたんだ」って感じで、ほとんど忘れていたものばかり…。

 

リサイクルショップに売るなどして本当に必要な人に使ってもらいましょう。

 

 

フライパンと鍋は2つずつ。

 

 

取り出しやすく、片付けやすいと料理がはかどります。

 

フライパンは焦げ付かないエバークック フライパンを使用しています。

 

箸やスプーンなども普段使う分だけ。

 

 

特に箸はたくさんあるとペアを探すのが大変です。

 

来客用は別にして、使うときだけ出します。

 

 

全部同じ箸にすればいいのか…。

 

 

コーヒーへのこだわり

 

電動コーヒーミルです。

 

 

     Kalita ナイスカットミル

 

を使用しています。

 

引き具合が細かく調整でき、熱も発生しにくいため、ちょっと値段はお高いですが、毎日ハードに使っているのでなかなかのコスパだと思います。

 

私も夫も大のコーヒー好きのため、おいしさを追及した結果これになったのです。( ̄▽ ̄)

 

詳しくは ミニマリストのコーヒー ページをご覧ください。

 

 

ゴミ箱はキッチンにこそ最高のものを

 

冷蔵庫のとなりにシンプルなゴミ箱を置いています。

 

 

     simplehuman バタフライカン

 

というゴミ箱です。(上のリンクは新型でフタがバタフライタイプに改良されており、我が家の写真のものは廃版になったようです)

 

シンプルでかっちょいい!!

 

耐久性がスゴイので一生物。

 

フタがスーッとゆっくり閉まります (≧▽≦)

 

 

1台2役のナチュラルアイテム

 

忘れてはいけないナチュラルアイテム

 

 

手作り雑貨のお店で買った

 

      カントリースツール

 

シンプルすぎるとただの殺風景になりがちなのですが、このスツールがひとつあるだけでなんだかホッコリ。

 

料理の合間に休憩して本を読んだり、踏み台にして棚の上のお皿を取ったり・・・。

 

時々ワックスを塗って手入れをして大切にしています。

 

 

スポンサードリンク